アニメ

【異次元】『リコリス・リコイル』の人気が巻き起こした8つの記録・事件まとめ

2022年の夏アニメは『リコリス・リコイル』が高い人気を獲得しました。

放送後のSNSでの盛り上がりは凄まじいもので、円盤売り上げも今年度のアニメで最高となっています。

それほどの人気を獲得したリコリス・リコイルは、人気ゆえにさまざまな記録と事件を生み出すことに。

今回は、リコリス・リコイルが巻き起こした記録と事件について解説します。

リュウ
リュウ
ゆっくりしていってね!

1. 放送後のツイート数が2万→60万件に増加

リコリス・リコイルの放送後は「#リコリコ」「#リコリス・リコイル」というハッシュタグでのツイートが尻上がりに増加していました。

ツイート数の推移は以下の通りです。

  • 1話:2万
  • 2話:3.5万
  • 3話:5万
  • 4話:10万
  • 5話:12万
  • 6話:14万
  • 7〜12話:20万弱
  • 13話:60万

この推移を見るだけでも、徐々に人気が高まっていったことが伺えます。

9話ではついに世界トレンド1位を獲得するほか「人工心臓」「余命2ヵ月」といった関連ワードもトレンド入り。

リアルタイムで観ていなかった人は、トレンドでネタバレを喰らう事態になってしまっています。

ぼくは放送の翌朝すぐに観たためネタバレは喰らいませんでしたが、この事件をきっかけに試聴まではTwitterを開かないと心に誓いました 笑

2. ゲーム『メタルギア』の小島監督を沼に落とす

リコリス・リコイルは、ゲーム『メタルギア』シリーズの小島監督がめちゃくちゃハマっていました。

小島監督がリコリス・リコイルに言及したのは、3話放送後のことです。

3話まで一気見したのをきっかけに、小島監督はリコリス・リコイルを毎週視聴するようになっていきます。

そして小島監督のハマりぶりは、アニメ視聴にとどまらず…

主人公の1人・錦木千束がプリントされたTシャツを着用。ちなみにリコリス・リコイルと全く関係のない仕事です。

ついには初めてのアクリルスタンド購入にまで至った小島監督。完全なガチ勢であった。

スポンサーリンク

4. スピンオフ小説20万部突破

リコリス・リコイルはスピンオフ小説も発売されており、20万部を超える大ヒットとなっています。

近年ではライトノベルで10万部を超えるもの自体ほとんどないため、20万部突破は記録的な結果です。

なお、小説の重版に関しては以下のような裏話も。

発売前10万→さらに刷ることが決まり16万部→上記の会話となり20万部という流れだったそうです。

あまりに売れたため、喜びより困惑の方が大きいのですね。

5. Twitter公式アカウントのフォロワーがオリアニNo.1に【まどマギ越え】

リコリス・リコイルは人気の高まりとともに、公式アカウントのフォロワーも増加。

執筆時点で36万人を超えています。

ちなみにこの数値は、オリジナルアニメのフォロワーの中で1番多いです。

これまでオリジナルアニメで1番フォロワーが多かったのは『魔法少女まどか☆マギカ』で29.6万人。

オリジナルアニメの記録をぬりかえる快挙を成し遂げています。

なお、リコリス・リコイルの快挙はこれだけにとどまらず…

4. 円盤の初動売上2.3万枚(鬼滅・呪術越え)

うぉぉー!これはすごい!1万は超えると思っていましたが、まさかここまでとは…

ちなみに近年の覇権アニメ『鬼滅の刃 遊郭編』『呪術廻戦』の円盤初動売り上げはどちらも2.2万枚。

リコリス・リコイルは初動2.3万枚だったため、近年のNo.1ヒットでもあるのです。

それをオリジナルアニメで達成するのは、本当にすごい!感動してしまいました 笑

6. 千束・フキの誕生日がライブドアニュースに掲載

主人公の1人である千束の誕生日が、ライブドアニュースで取り上げられました。

その翌日は同じく登場人物の春川フキの誕生日であり、こちらもニュースに取り上げられています。

ちなみにこういうことって今まであったんでしょうか?

少なくとも相当な人気作でないと取り上げられないと思うのですが…

7. 幻の14話・15話「ハワイ編」の集団幻覚発生

リコリス・リコイルは、9月24日に最終回である第13話が放送されました。

しかし多くのファンが終わったという事実を受け入れられないようで、存在しない14話・15話の集団幻覚が発生しています 笑

 

 

 

さらに放送が終わったにもかかわらず「#リコリコ14話」がトレンド入りを果たしています。

流石に15話はないだろうと思っていたら、再びトレンド入り 笑
早く続編を制作し、目を覚ましてもらうしかないのでは?

8. EDテーマ『花の塔』のイントロ、汎用性が高すぎてネタに使われる

リコリス・リコイルではEDテーマの「花の塔」がかかるタイミングが非常に良く、ファンの間で高く評価されています。

そんな『花の塔』ですが、汎用性の高さからアニメ終了後にさまざまなネタに使われています。

例えば以下のようなものです。

このような動画も公開されています。すみません!笑ってしまいました。

まとめ

今回はリコリス・リコイルの人気が巻き起こした事件について、解説しました。

オリジナルアニメでここまで人気が高まることや、最終回が終わってからもトレンド入りするのはほとんどありません。

なんとしても続編を作ってほしいという、ファンの執念のようなものも感じます。

ぼく個人も続編を期待し、首を長くして待とうと思います。