アニメ

【ヤバくね?】アニメ『リコリス・リコイル』の全話あらすじ・感想まとめ!2022夏最注目のオリジナルアニメーション

「リコリス・リコイルってどんなアニメ?」
「リコリス・リコイルは面白い?」
「リコリス・リコイルを観た人の感想を知りたい」

『リコリス・リコイル』は、2022年7月から放送されているオリジナルアニメーションです。

  • 監督:足立慎吾(『WORKING!!』『ソードアートオンライン』)
  • ストーリー原案:アサウラ(『ベントー』)
  • キャラクターデザイン:いみぎむる(この美術部には問題がある!)
  • アニメーション制作:A-1 Pictures(『かぐや様は告らせたい』)

上記のような豪華スタッフによって手掛けられており、放送前から世間の期待値の高かった作品です。

ぼくもさっそく1話を観てみましたが、前評判を全く裏切らない素晴らしい完成度!今後の展開が楽しみなアニメでした。

この記事では、アニメ『リコリス・リコイル』全話の感想・評価をまとめています。

リュウ
リュウ
ゆっくりしていってね!!

『リコリス・リコイル』のあらすじを30秒で解説

日本の治安を守る秘密のエージェント「リコリス」である井ノ上たきなは、ある事件をきっかけに喫茶「リコリコ」への転属が命じられる。

超優秀なNo.1リコリス(?)の千束とバディを組み、DA復帰を目指し意気込むたきなだが、リコリコでの仕事はひとクセもふたクセもあり!?

引用:オリジナルアニメーション『リコリス・リコイル』公式サイト

『リコリス・リコイル』は、8年連続で治安世界一となった日本を舞台としています。

日本は世界で最も犯罪の少ない国となっているのですが、それは日本人の規範意識が変わったわけではありません。

「Direct Attack」通称”DA”と呼ばれる組織が、民間に知られることなく活動し、犯罪を未然に防いでいるためです。

リュウ
リュウ
Direct Attackとは日本語で「直接攻撃」と言う意味。つまりDAは、犯罪を阻止するために殺しも許可されています。

そしてDAのエージェントである少女は、作品タイトルの一部でもある「リコリス」と呼ばれます。

物語は、歴代最強のリコリスと言われる主人公・錦木千束が働く喫茶「リコリコ」に、命令無視によってDAから飛ばされた井ノ上たきなが転属してくるところから始まります。

リコリコでは子どもの世話や買い物代行、身辺調査などを請け負いつつDAとしての活動を行っていました。

たきなの転属後に受けた恋愛相談の依頼で、偶然にもたきなが転属するきっかけとなった銃取引の現場が写った写真を入手します。

「DAも奴らを追ってるんでしょ?私たちの方が先に見つければ、たきなの現場復帰も叶うんじゃない?」

千束の言葉を受け、たきなはリコリコで働きつつDAとしての活動を始めていきます。

『リコリス・リコイル』各話のあらすじ・感想まとめ

ここからは『リコリス・リコイル』各話のあらすじ・感想を書いていきます。

それぞれ若干のネタバレがありますので、未視聴の方はご注意ください。

以下のリンクから各話に飛べます。

第1話あらすじ・感想〜作画・キャラデザ・アクション・ストーリー◎で覇権の期待大!

放送前から期待していたのですが、それを全く裏切らない完成度でした!

作画・キャラデザ・世界観・アクションなど、どれもレベルが高く総合的にかなり好みの作品です。

リュウ
リュウ
日常アニメのポップな要素と犯罪者と戦う銃アクションもあり、多くの人が楽しめるんじゃないかと感じました。

「やりたいこと優先」の王道系主人公・錦木千束と、仕事を完璧にこなそうとする井ノ上たきなの正反対な組み合わせもいいです。

今はたきなが千束に不満も持っている状態ですが、最終的にいいバディになりそう。

千束があれだけの実力を持ちながらDAから外れているのは、敵であっても殺さず命を守ろうとすることが関係しそうです。

千束の過去や犯罪組織やDAとの対立など、今後のストーリー展開に期待大です!2022年夏の覇権もありえるかも??

以下は、SNS上の感想・評価です。

第2話あらすじ・感想〜アクションシーンのカッコよさが加速!新キャラ登場と深まる謎

第2話は「ウォールナット」という凄腕ハッカー護衛のため、千束・たきなのバディが動きます。

前回もカッコよかったアクションシーンが、2話はさらに増加!やっぱこの作品のアクション良いよ…!

それにしてもあんな近距離から連写されているのに、顔色ひとつ変えず歩きながら銃の狙いも外さない千束はチートすぎ、カッコよすぎですね 笑

アクションシーンに関しては千束もたきなもまだ余裕があるので、今後さらに激しくなっていくことが予想されます。今から楽しみです!

2話のラストには、護衛していたウォールナット(着ぐるみ)の中にいたのはミズキだったこと、ウォールナット本人はスーツケースの中に隠れていたことが判明します。

知らなかったとはいえ、たきながスーツケースを盾にしてたのは最悪の行動だったわけですね…

リュウ
リュウ
「大事なものだって言っただろー!」とウォールナットが叫んでいましたが、そりゃそうですよね。命より大事なものはない。

そして1話ラストでリコリコに来店した男(シンジ)は、千束の初仕事の依頼主だったようです。

ただ、話の内容から察するに、DAとしてではなくなんでも屋みたいなリコリコとしての仕事と思われます。

今回のウォールナット殺害を依頼したのも彼だったようで、一体どういう何者なのか?ここも今後注目したいところです。

なお、ぼくが第2話で印象的だったのが、ウォールナットが殺された(と思っていた時)に見せた千束の悲しげな表情です。

普段の陽気さからは想像できない表情からは、単に護衛対象を守れなかっただけでない複雑な思いがあるように感じました。

敵であっても命を守ろうとする千束には、悲しすぎる過去があるように思えてなりません。気になるけれど、知るのが辛い…笑

以下は、SNS上の感想・評価です。

第3話あらすじ・感想〜実践訓練で倍返し!たきなは新しい居場所を見つけ始める

リコリスの資格を持つためにも必要な健康診断と体力測定のため、千束はDAの本部へ。司令官の楠に会うため、たきなも同行してきます。

DA本部には他のリコリスも大勢いましたが、その多くがたきなの陰口を言っていました。

命令を無視し転属になったたきなは、リコリスの間で悪い形で有名のようですね。

かつてたきなとバディを組んでいたフキは、千束と以前から付き合いがある関係。ただ、フキが対抗意識を持っていることもあり、2人はすぐ喧嘩になってしまいます 笑

フキは千束と一緒に体力測定を行いますが、動きの良さと息の切れ具合から千束の方が身体能力がはるかに上であることが伺えました。

リュウ
リュウ
そういうところがまた、フキのプライドを逆撫でするんでしょう…

なんとか本部で司令に会えたたきなは「成果(取引の証拠写真を押さえた)を出したのでDAに戻してください」と直談判します。

しかし当然というべきか、司令には聞き入れられません。

それどころか「成果を上げれば戻れる」という言葉もなかったことにされており、たきなは復帰の見込みがないことにショックを受けます。

ほとんどのリコリスはたきなが命令違反をしたから転属になったと考えていますが、千束は違う考えを持っていました。

たきなが転属するきっかけとなった現場では、通信障害が起きています。

DAの機密性を支えるAIである「ラジアータ」がハッキングを受けたことで通信障害が起こっており、それを隠蔽する目的でたきなに責任が押し付けられたという考えです。

たきなはDAを親のような存在と考えており、そのことから「自分の居場所はここしかない」と思い込んでいました。

DAにいなければ、自分に存在価値はないとも思っていたのでしょう。

そんなたきなに千束は「居場所はある。お店(喫茶リコリコ)のみんなとの時間を試してみない?」「チャンスは必ず来る。その時自分のしたいことを選べばいい」と言葉をかけます。

その後千束・たきなは、フキと早乙女サクラ(たきなの後任)の2人と、実践訓練で対決をします。

フキとサクラはたきなに散々嫌味を言っていましたが、千束・たきなに圧倒される結果に。
ざまーみろ!へへーん!!

帰りの電車の中で千束に「スカッとしたな?」と聞かれ、たきなは笑みを浮かべながら「ええ」と答えており、彼女の中で変化があったことが見受けられます。

あと…「千束」って名前で呼んだよね?千束はもっと喜んで良いんじゃ??

以下は、SNS上の感想・評価です。

第4話あらすじ・感想〜買い物・パンケーキ・水族館の日常回!たきなが笑っている

3話で千束とたきなの距離が縮まったところで、4話は日常回。

たきなが男物のパンツ(トランクス)を履いていることが分かり、千束とパンツを買いに行く話です 笑

とはいっても買い物をするだけでは留まらず、カフェや水族館にも行っています。これは千束が行きたかっただけですね←

パンツを買い終えた後、たきなが「任務は完遂した」と仕事みたいな言い方をしていたのは彼女らしいなと感じます。

まあ、なんだかんだカフェでパンケーキを美味しいと思いながら食べていたり、水族館でも「なぜこういう体に進化したのか」を考えてみたりしていたので、楽しんでいた様子です。

リュウ
リュウ
魚を見る時も効率を重視するたきなの性格が出ていました 笑

4話の終盤では、たきなが転属するきっかけとなった事件にも関与する真島というテロリストが登場。

ただの日常回で終わらず不穏な空気と次回以降への伏線を残すあたり、リコリコはバランスの取り方が絶妙です。

松岡禎丞さん(『鬼滅の刃』で伊之助役)の演技が、いい味を出していました。松岡さんはかなり好きな声優さんなので、そういう意味でも今後の登場が楽しみです!

そして4話はこれまでと打って変わり、たきなが笑っている様子が何度も見受けられます。

この回でたきな推しになった人もかなり多いようです(ぼくもその1人)笑

以下は、SNS上の感想・評価です。

 

第5話あらすじ・感想〜千束の重大な秘密発覚!これ以上ない不穏な空気が漂いだす

第5話では、身体を機械で繋がれた松下の護衛と東京案内。

自分の命が長くないと悟った松下は、最後に東京を観光したいと依頼しました。

任務に向かう前のリコリコ店内で、千束が人工心臓であることが発覚します。

ミカやミズキは知っているようでしたが、たきなとクルミは全く知らず。

たきなは当然詳しく聞こうとしますが、すぐ出発しないと行けなかった関係でこの場ではうやむやになります。

順調に東京観光をしていましたが、松下を暗殺しようとするジンが登場。

かつてDAにスカウトされる前のミカと一緒に警備会社で裏の仕事をしていた人物で、かなりの凄腕のようでした。

ミズキとの連絡が一時途絶えたり、たきなが足を負傷したりとピンチもありましたが、最後は千束が無双する形でジンをとらえました。

リュウ
リュウ
トドメは銃の先端で腹部を殴った後、弾を連射するという結構な力技です 笑

ちなみに今回の依頼はミズキが車で犯人を引きつける、ミカ・クルミがドローンで映像を追う・遠隔で指示を送るなど、リコリコのチーム戦でした。

こういう連携の仕方で、依頼をこなしているんですね。

松下は千束に自分の家族を殺したジンの殺害を求めますが、人を殺さない千束は拒否します。

その言葉を受けて松下は「それではアラン機関は君を…その命を…」と話しており、これはかなり引っかかる言葉です。

なお、松下の正体は病院を抜け出した薬物中毒の末期患者で、機械で千束たちと話していたのも別人であることが判明しました。

相手の正体と狙いは正確に分からないままですが、千束たちの映像をアラン機関の人物が見ているシーンがありました。

そのため、今回の依頼はアラン機関が関与したものと思われます。

千束の人工心臓を作ったアラン機関の一員であるシンジは、千束の力を利用しようとしている節が見られます。

リュウ
リュウ
千束に人工心臓を与えたのは殺しをさせるためであり、そのために暗殺者を千束たちにぶつけている?

ラストでは4話に登場したテロリストの真島が、本格的にリコリスを狙い始めている様子が描かれました。

そろそろ物語が大きく動き、千束・たきなもこれまで以上に危機に晒されそうです。

それにしても、どんどん不穏な空気が漂い始めていて、観るのが怖くなってきています。

アラン機関に人工心臓を与えられていることからも、千束が死ぬラストが現実味を帯びてきいるような…

以下は、SNS上の感想・評価です。

第6話あらすじ・感想

〜随時更新〜

第7話あらすじ・感想

〜随時更新〜

1 2