エンタ Shower満喫 ラボ

富山の吹奏楽団に所属するTuba吹き。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

年間1000万PVブロガー・立花岳志さんのセミナーがすごすぎて参考にしかならない①

f:id:rsp4690:20180225214322j:image
こんにちは、リュウです。

2月25日金沢でブロガー立花岳志さんの「情報発信で人生を劇的に変えるファーストステップセミナー」に参加しました。

 

ぼくはこのブログを1年3ヶ月やっていますが、ブログをはじめたきっかけは富山の朝活で立花さんの話を聞いたことでした。

 

それ以来となる立花さんの話はブログをやってきたからこそ分かることが多く聞いていてめちゃくちゃワクワクしてくる内容で、3時間があっという間でした。

 

ブログなどで発信をしている人もそうでない人も知っておくべき内容です。

 

立花岳志さんとは?

 

 

作家、ブロガー、心理カウンセラー、人材開発トレーナー、イベントプロデューサー、情報発信コンサルタントなど、複数の肩書きを持ち、多面的に活動するノマドワーカー。 著書に「ノマドワーカーという生き方」「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」「クラウド版デッドライン仕事術」などがある。 株式会社ツナゲル 代表取締役社長兼C.E.O.。現在東京六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人とのマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)実践中。

文章引用 https://www.ttcbn.net/no_second_life/ 

 

立花さんはもともとは会社員として働いていましたが、人生を劇的に変えるためにブログをはじめその後独立。

ブログはもうすぐ10周年を迎えようとしています。

 

38歳でブログをはじめ41歳で独立するという異色の経歴をもった方で、ブロガー以外にも心理カウンセラーなど幅広く活躍されています。

一般的にはプロブロガーと言われる人にあたりますが、いくつも肩書きがあるため立花さん自身は自分をプロブロガーとは思っていないようです。

 

ブログのセミナーというとブログ理論的なものを想像しますが、立花さんはまったく違います。

もちろんテクニック面の話もありましたが、心理カウンセラーとしての経験も活かし心の在り方からもアプローチされています。

 

ブログをやってみようという人は多いんですが、ほとんどの人は続かなくて途中で辞めていってしまいます。

また、情報を発信するということそのものに対するハードルが高くなっている場合もあります。

それはどうしてかというと、心の在り方の問題が大きく関わっています。

 

はじめないことにはどうしようもないですし、続けなければ結果も出ません。

立花さんはブログをやっていく上で一番重要なことを心理面からアプローチされています。

 

現在進行形の情報革命が起こっている

歴史上で今までに農業革命と産業革命という、2つの大きな改革が起こっていました。

この2つの改革によって人類がどんな成長をしてどう発展してきたかはご存知のとおりです。

 

これに続き新たに「情報革命」という第3の革命が起きています。

情報革命は現在進行形のもので、今後どうなるかはまだ予測ができない状態です。

しかし情報革命によってぼくたちの生活は劇的に変化しました。

 

最も大きいのはインターネットとSNSです。

この2つによって情報発信を誰でもできるようになり、個人の情報発信が政府やマスコミを超えるほどの力をもつようになりました。

 

どういうことかというと、たとえばテレビの食レポ。

テレビはスポンサーがあってのものなので、もしおいしくなかったとしても本当のことを言うことはできず「おいしー!」とウソを言わなければならないこともあります。

 

しかしネットが発達した今ではテレビで言っていることがウソだと分かればそのお店とテレビ番組のことがネットで瞬時に拡散され広まっていきます。

そうなればテレビ局や番組、コメントした芸能人はウソつき呼ばわりされ信頼されなくなります。

個人の発信力が大きくなった結果、マスコミの力は目に見えて衰退しています。

 

このような時代だからこそ本当の情報に価値が出ていて、信頼できる情報を発信している人には特別な価値が生まれています。

 

 

 

(今回はここで一度中断させていただきます。

次の記事からは情報発信で人生を変えるとはどういうことなのかを詳しく書いていきます。)