詳細プロフィールはこちら!
吹奏楽

甲子園で演奏した吹奏楽部員が野球応援の思い出を語る

P1120233

 

こんにちは、元吹奏楽部員のリュウです。

 

夏といったら甲子園!

今甲子園での高校野球が始まって盛り上がっていますね。

吹奏楽をやっているぼくとしては野球だけでなく吹奏楽部の演奏も気になります。

 

ぼくのいた高校は野球部が強く、ぼくが現役だったころは春の選抜に出場したので甲子園で演奏したこともありました。

だから毎年この時期になると吹奏楽部で応援に行っていたときのことを思い出します。

 

 

野球応援についてはCDも出ているくらいですから野球の試合だけでなく演奏も楽しんでいる人が多いのかと思います。

 

 

ですが甲子園でも演奏するくらいだったから言えるのですが、吹奏楽部にとって野球応援はめちゃくちゃしんどいです。

暑いのが辛いとかそういう問題ではないのです。

暑いことは暑いですが←

 

もちろんしんどいだけでなく、よかったこともありました。

この記事では野球応援をする吹奏楽部の苦労や思い出なんかについて書いていきます。

 

 

途切れることなく曲をつないでいく

ぼくの経験を話すためにまずは母校の吹奏楽部の応援の仕方について紹介します。

 

野球部が強かったから吹奏楽部の応援にも力が入るのか、ずっと続いている応援のスタイルというものがありました。

どんなものかというと色んな曲を途切れることなく演奏していくというものです。

 

 

攻撃が始まるときはまず最初に『つなぎ』と呼ばれている曲を演奏します。

 

この曲は昔からずっと吹奏楽部で使われているのですが誰が作ったのか?なんて曲なのか?ということが一切分かりませんでした。

今思うと何の曲なのかも分からず演奏しているのはアホ丸出しだったような気も。。。

 

 

まあそれはともかく、『つなぎ』という謎の曲を演奏した後『サンバデジャネイロ』などの曲を演奏し、その後『つなぎ』をもう一回演奏。

『つなぎ』を演奏している途中に最前列にいる部員が曲名の書かれたスケッチブックを出して次に演奏する曲の指示を出します。

 

選手ごとの曲とかはないですが場面ごとに専用の曲があって代打が出れば『必殺仕事人』、ヒットを打てばヒットを打ったときだけに演奏する曲、得点をとればまた別の専用の曲を演奏していました。

 

ヒットと得点のときの曲はなんて名前だったか覚えていない←  

 

 

甲子園の演奏を聴いていると一回の攻撃の時に同じ曲を演奏し続けている学校もありますが、ぼくのいた部では違う曲を途切れることなく演奏し続けていました。

 

 

唇がだるくなる

ぼくは野球応援のときは”スーザフォン”という楽器を吹いていました。

野球応援の時に一際目立つ白い楽器があると思いますが、その楽器です。

 

これは金管楽器に分類されるものなのですが、金管楽器は唇をブルブル振動させることで音を出しています。

リコーダーみたく単に息を吹き込めば音がなるわけじゃないんですよね。

 

こういう演奏の仕方をしているので、楽器を演奏し続けていると唇がだるい感じになります。

なかなかイメージ出来ないと思いますが、重いものを持った後の腕に疲労がたまった感じが唇にきます。

 

しかも野球応援では音量が求められます。

音量を出すとなる唇など演奏者にかかる負担も大きいです。

 

 

重いものを持って腕が疲れると物を持ち上げるのが辛くなるのと同じように、楽器を吹き続けていると唇が疲れてだんだん楽器で音を鳴らせなくなってきます。

試合終盤は疲れ切っているのでやっとかっとで音を出しています。

 

 

ちなみにクラリネットなどの木管楽器はリコーダーみたいに楽器を口にくわえているように見えますが、実際は唇を丸めた状態で演奏しています。

どんな感じかは分かりませんが、木管楽器も吹き続けていると口に負担がくるらしいです。

 

打楽器は見て分かるとおり腕を中心に体を使って演奏しているのでやはり大変なはず。

 

 

というわけで野球応援は吹奏楽部にとって最も疲れる演奏といっても過言ではありません。

吹奏楽部はとにかく必死です。

 

 

試合が有利なほど吹奏楽部の負担は増える

1曲だけを吹くにしても違う曲を次々にやるにしても、共通しているのは攻撃をしている最中は吹きっぱなしということです。

だから打者が繋いでいって攻撃が続けば続くほど、吹奏楽部が演奏する時間が増えていきます。

 

ぼくのいた学校はコールド勝ちとかもするので、一回の攻撃でバンバン点を取ることもありました。

しかしそうなると攻撃が続くので前述したように

つなぎ→ヒット打ったときの曲→つなぎ→レパートリーの曲orヒットの曲etc

 

といったように演奏が続いていくことになるのでとにかく疲れます。

 

 

守備をしているときは吹奏楽部の演奏はなくなるので、守備のときが演奏に関していえば休憩となります。

ですが相手の打者をテンポよく打ち取ることが出来たら、ほとんど休むことなく演奏が再開になります。

 

 

応援する側としては野球部には勝ってほしいし有利に試合を進めてほしいのですが、そうなると演奏する側は負担が増えていくし。。。

吹奏楽部として応援に行くときはなんだか複雑でした 笑

 

 

試合のあと野球部員がお礼を言ってくれた

野球応援はしんどいのですがいいこともあります。

野球部が勝つのはもちろんなのですが、個人的にうれしかったのは野球部員がお礼を言ってくれたことです。

 

 

ぼくの母校の近くにある球場で試合が行われることもあったのですが、学校の近くなので行き帰りはバスは使わず歩いて行っていました。

だから帰り道には野球部員ともすれ違うのですが、その時に「○○(ぼくの名前)、応援来てくれてありがとう」と声をかけてもらえました。

 

遠くの球場で試合をしたときは後日学校ですれ違ったときに言ってもらうこともありました。

 

 

正直に言えば応援したくて行っているのではなく”行くことになっているから”応援に行っていたのですが、こういうふうにお礼を言ってもらえると「よし、次もがんばってもらわないとな!」と応援する気持ちが湧いてくるものです。

 

しんどい応援演奏のあとでもこんなちょっとのことでうれしなってまた応援しようと思えるのだから、ほんと感謝って大事ですね。

 

 

野球応援のまとめ

 

ちなみに今年2度めの春夏連覇を狙っている大阪桐蔭は吹奏楽部も全国トップレベル。

野球応援でやるようなレベルじゃないクオリティの演奏をしています。

 

もしかしたら3回戦で富山の高岡商業と戦うことになるかも・・・?

そうなったときは吹奏楽対決にも期待しています。

 

 

 

強い学校ほど吹奏楽部の演奏にも気持ちが入っています。

だから甲子園を見るときは演奏にも注目してみましょう!

ABOUT ME
リュウ
リュウ
月間最高4.4万PVのブログ「World's Endで手を繋ぐ」を運営するブロガー /どこまでも続く一生を世界の果てまで好きな人と共に歩いていく過程を発信(予定)/ 恋愛偏差値は0/ スピッツが大好きでファン歴12年目 / 26歳現在彼女なし / マッチングアプリを中心にした恋活を実況中継