オピニオン

本当に自分の意志で選んでいるものなんてないんじゃないか?

先日楽天市場で売上1位になったというメロンパンを買いました。
別に味が不満だったわけではないんですが、謳い文句にやられた感じがあります。

そしてこのことから自分の意志で選んでいるものなんてないんじゃないか?という疑問が湧いてきました。

 

「〜で売上1位!」と言われると買いたくなる

このメロンパンは楽天市場で1位になったのことでしたが、世の中にはこういう売り出し方が多いですよね。

「〜で売上1位!」「〜のランキングで1位!」
こんな感じの売られ方をしているとやけに買いたくなってきます。
たとえば楽天市場みたいにメジャーなものでの1位だったらその信頼度は抜群。
人の心理をうまくついたずるいやり方ですね 笑

詳しくは書きませんが科学的にも根拠のあることで、会社側もそれを分かって心理をついた売り出しをしています。

 

本当に自分の意志で買ったのか?

ぼくの場合は「売上1位=美味しい=どんな味か確かめたい」という心理が働いての購入でした。
で、食べた感想としては確かに美味しいことは美味しい。メロンパンというよりはクリームパンな気もしますが、他のメロンパンと比べるとかなりのものです。

ただ言うほどうまいかというと疑問なところも。
なんだかんだいってまた食べれるなら食べたい気持ちはありますが、それも「楽天市場で売上1位!」という評判に影響されての感想。
もし売上のことを何も知らなければこのメロンパンに価値を感じなかったんじゃないかと思います。
何も知らない自分だったらどんな感想を持つか、はっきりしたことは言えません。

 

スポンサーリンク

洗脳されず自分の頭で考えたい

結局のところ、世間の評判と自分の感想が一致するとは限りません。
みんながいいと思うものが自分にははまらず、自分がいいと思うものを他の人に気に入ってもらえないこともあるでしょう。

たとえばその日ぼくが着ていた服。
自分が買ったのだからぼくの意志で選んだものです。

しかしなぜそれを選んだかといえば、こういうのがおしゃれだとか女子ウケがいいという世間の声に左右された結果です。

でも今回のメロンパンに限らずほとんどのものを周りの評判に左右されて選んでいます。
本当にぼくが自分で考えて選択していることなんてほとんどないんじゃないでしょうか?
そう考えると世間という大きなものに洗脳されているような感覚が・・・

自分の頭で考えて、本当に価値のあるものを選んでいけるようになりたいものです。