フリーライターへの道

ライター案件でいただいた2,000円がうれしくてたまらない

こんにちは、リュウです。
先日、クラウドワークス経由でライター案件をこなしました。

クラウドワークスで初受注・初納品をした結果こんにちは、リュウです。 先日、クラウドワークス経由で受注したライター案件を初納品しました。 ちょこちょこクラウドソーシングとは...

こちらの記事では1人反省会みたいな内容だったので、今回はいい話を。
記事を書いたので報酬をいただけたのですが、それがもううれしくてたまらないんです。

3万円と同じくらいうれしい2,000円

ぼくは過去にライターとして3万円、執筆料としていただいたことがあります。
自分の好きなこと(文章を書く)でお金をいただけたわけですから、当然これもうれしかったです。

それに対し、今回は文字単価1円で2,000文字という案件だったので、報酬は約2,000円。
金額的には大きな差がありますが、幸福度は全然変わらないんですよね。3万円と同じくらい、今回の2,000円はうれしかったです。

今のぼくのライターとしての実績でいえば、正直バイトをやったほうが稼げます。じゃあバイトやってお金を稼げたらうれしいかというと、おそらくそんなことはありません。

好きなことでいただくお金はいくらでもうれしいし、作業量に比例するものではないのかなと思います。

ブログで稼いだ喜びは少しずつ失われていった

ぼくはこのブログでも少しではありますが、収益を得ています。よく言われることですが、初めて収益が発生したときは10円でもうれしいものです。ぼくはアマゾンアソシエイトで、30円が初収益でした。

その後アドセンスやアフィリエイト案件でも収益が発生するようになりましたが、最初に30円で感じた喜びは、少しずつ失われていました。最初は30円でもうれしかったのに、徐々にそれが「当たり前」になってしまったんですよね。

ライターでも、今は喜べていても少しずつ当たり前に感じるようになって、2,000円では喜べなくなっていくんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

報酬をいただけることに感謝を

ただ、お金をいただけるのはすごいことだし、当たり前のことではありません。

「当たり前」の反対の言葉は「感謝」だといいます。当たり前だと思ってしまったら感謝もできませんし、納得のいく話です。

ライターとして活動するなら、報酬をいただくことへの感謝は忘れないようにしたいものです。