詳細プロフィールはこちら!
バンド

2018年注目バンド ポルカドットスティングレイのおすすめ曲ベスト10を紹介する

 20180509200522

今『ポルカドットスティングレイ』というバンドが注目度を上げてきています。

みずほ銀行やgoogleのCM、映画主題歌といったタイアップを次々に獲得していて、今後さらに勢いが増すことでしょう。

 

最大の魅力は中毒性。

ゲスの極み乙女。を初めて聴いたころに感じた中毒性とよく似ています。

 

この記事ではそんなポルカドットスティングレイのおすすめ10曲をランキング形式で紹介します。

 

 

ポルカドットスティングレイとは?

曲の前に簡単にバンドについて紹介します。

 

福岡県を拠点に活動。キャッチコピーは『福岡県福岡市を拠点に、何かを企む超常ハイカラギターロックバンド』

2015年1月、福岡にて本格的に活動開始。メンバーの交代を経て、2015年8月に現在の4人体制となる。

 

2016年11月、初の全国流通CD『骨抜きE.P.』をリリース。

2017年11月、1st FULL ALBUM「全知全能」でユニバーサルシグマからメジャーデビュー。

バンド名の由来は同名のエイ(魚類)の一種からで、言葉のパンチの強さで選んだ。

(Wikipediaより)

 

 

現在のメンバーになってからも2年ちょっとしか経っておらずバンド歴も浅く曲数もまだ少ないのに、かなり早いペースでメジャーデビューをはたしています。

  

 

2016年3月にYoutubeで公開した「テレキャスター・ストライプ」のMVが口コミで話題になり、半年で100万回の再生を記録。

これによって広く知られるようになります。

 

 

2016年11月にタワーレコード限定で発売した「骨抜きE.P」がタワーレコード全店の総合アルバムチャートで週間2位、タワレコメン年間2位にランクイン。

 この年に行ったワンマンライヴは3分で完売、2017年に入って行われたワンマンツアーも全公演即日完売、rookin’on JAPANにも出演し、まさにブレイク間近の状態。

 

そして2017年11月8日、1stfullアルバム「全知全能」を発売しメジャーデビュー。

2018年5月に発売したミニアルバム「一大事」はオリコン4位にランクインしており、さらなるブレイクが期待される注目のバンドです! 

 

 

ポルカドットスティングレイのおすすめ曲 10~4位

それではおすすめ曲の紹介に移ります。

まずは4位まで!

 

 

10位 シンクロニシカ

 

 

ポルカの曲の中でも特に展開が読めない曲。

次々に曲調が変化していくため何が起こるのか分かりません。

 

MVでは教師になったり学生になったりとお化けになったりと、曲同様にこっちも変化が激しいです。

 

 

9位.BLUE

 

 

動画は「みずほダンス」と呼ばれて話題になったもので、みずほ銀行とのタイアップでポルカとコラボしてこの曲が使われました。

 

「日常生活の中でうまく行かないこともあるけど、肩の力を抜いて頑張ろう」という動画のコンセプト通り、サビの「加速するテイクオフ」のフレーズでは体が軽くなって浮き上がったような感覚にさせられます。

 

 

8位.ミドリ 

ミドリ

ミドリ

  • ポルカドットスティングレイ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

この曲、ギターの音が独特だったりとなんだか妙にクセになるんですよね。

ヘビロテしちゃいます。

 

歌詞は好きな人に対する憎悪を歌っているんですが、不思議と聴いていて嫌な気分にはなりません。

 

 

7位 レム

 

ポルカは結構クセの強い曲が多いですが、そればっかりではありません。

ロックサウンドでありながら清涼感のある爽やかな曲になっていて朝に聴くのにピッタリです。

 

MVはヨーグリーナとコラボしたものになっています。

 

6位 パンドラボックス

 

7位の「レム」とは対照的にこの曲はポルカの中で特にクセの強い曲。

全体を通してどの楽器にも超絶技巧が用いられていて、RADWIMPSを思わせる激しさです。

 

何かとボーカルの雫さんばかり注目されて(ポルカ自身がそういう押し出し方をしている)いますが、バンド自体演奏力が高く実力があることがはっきり分かる曲です。

 

 

5位.ICHIDAIJI

 

映画「××しなさい!」の主題歌に決定している曲。

3月からMVが公開されていました。

 

 

曲はというとギターのメロディが印象的なポップロック。

タイトルのイメージでもっと激しい曲かなと思っていたので意外でした。

 

正直はじめて聴いたときはそこまでいいと思わなかったのですが、ギターのメロディが頭に残ってしまってヘビロテ状態に。

そして今では聴くと涙が出そうなくらいにお気に入りの曲になってしまいました←

 

 

4位.エレクトリックパブリック

 

ストレートなギターロックに英語と日本語で韻をふんだ歌詞。

他の曲と比べて裏声も多く遣っていて歌い方がちょっと色っぽい。

 

個人的には曲の最後の「yes!」がすごい好きです。

なんだかグッときてしまう 笑

 

 

ポルカ おすすめ曲ベスト3

ここからはいよいよベスト3。

上位なので当然ですが特におすすめの曲です!

 

 

第3位

 

第3位は…

 

 

 

『人魚』!!

 

 

ややしっとりした曲調でありながら聴くたびにハマっていく中毒性のある曲。

 

 

 第3位ということでこの曲の魅力が伝わる言葉を必死に探しましたが、結局見つけられませんでした←

語弊力が足りない。。。

 

 

第2位

 

第2位の曲は・・・ 

 

 

 

『テレキャスター・ストライプ』!!

 

 

ポルカが注目されるきっかけとなった代表曲であり、ぼくもこの曲でポルカを知りました。

イントロを少し聴いて「あ、これはいいバンドだ」と直感しました。

ぼくは少し聴いてつまらないとすぐ聴くのをやめるんですが、この曲は全然知らないバンドだったにも関わらずどんどん引き込まれていってしまいました。

 

ポルカファンにもこの曲が好きな人が多いでしょうが、ぼくの中ではこの曲は2位。

その理由としては歌詞の意味が全然分からないことと、派手なロック曲なのにやや音が暗めなことです。

歌詞の言葉の使い方がうまいわけでもないし。。。

 

とはいえ代表曲だし好きな曲であることは確かです。

その『テレキャスター・ストライプ』を差し置いて1位となった曲は・・・?

 

 

 

第1位

 

第1位の曲は・・・

 

 

 

 

『本日未明』です!!

 

本日未明

本日未明

  • ポルカドットスティングレイ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

1stミニアルバム「大正義」のラストに収録されている曲でかなり激しくポップなサウンドのロックチューン。

歌詞は恋人との別れることになり失恋をしたことを伺わせるものになっています。

 

 

失恋などの切ない歌詞をポップな曲調に乗せて歌っている曲は世の中たくさんあります。

しかしここまで歌詞とメロディが対照的なのはめずらしいです。

 

なによりすごいのはこんなに激しいロックチューンなのに失恋の悲しみがちゃんと伝わってくることです。

アップテンポなのに感動する曲を聴いたのはBUMP OF CHIKEN以来です。

 

MVが作られていないのが残念。この曲はもっと評価されるべきです。

 


ABOUT ME
リュウ
リュウ
月間最高4.4万PVのブログ「World's Endで手を繋ぐ」を運営するブロガー /どこまでも続く一生を世界の果てまで好きな人と共に歩いていく過程を発信(予定)/ 恋愛偏差値は0/ スピッツが大好きでファン歴12年目 / 26歳現在彼女なし / マッチングアプリを中心にした恋活を実況中継