フリーライターへの道

ランサーズに登録しましたが、めちゃくちゃ萎えてます

こんにちは、リュウです。

ぼくは先月下旬から本格的にライター活動を始めた駆け出しライター。
何もしなくても仕事がもらえることなんてありません。自分から営業をかけていく必要があります。

ライターが仕事を探すならクラウドソーシングのサイトに登録するのがベター。
代表的なのは「クラウドワークス」と「ランサーズ」の2つですね。

ぼくはこの2つに登録をしました。
クラウドワークスは何も問題なくライター案件を探すために使えています。問題はランサーズのほうです。

ランサーズに登録したものの、とある問題が発生したためにめちゃくちゃ萎えています。

本人確認書類が提出できない

クラウドワークスでもそうなのですが、ランサーズでは運転免許証などの本人確認ができる書類を提出することが推奨されています。
これを行っておくと、サイトのプロフィールに「本人確認済み」と表示されるんですよね。

本人確認を行っておくとサイト上での信頼性が高まります。
依頼主の中にも「本人確認が終了している人だけを選ぶ」としている人もいるのだとか。
まあ信頼性のある人のほうを選びたいと思うのは当然のことですね。

また現在では報酬の受け取りにも本人確認が必須となっています。
つまり本人確認が出来なければ仕事にならないのです。

ぼくもサイト利用のために運転免許証を本人確認書類として提出しようとしました。
こんなこともあろうかとぼくのスマホには免許証の写真が保存されているので、いつでも使用できる状態です。

で、さっそく免許証の写真を提出しようとしたのですが、問題が発生します。
写真をサイトで送ったところ・・・

 

「本人確認書類が提出されませんでした」

このような記述が表示されたのです。

リュウ
リュウ
ええっ、なんで??

よくよく見てみると「ファイルは3MB以下にしてください」との記述も。
つまり写真の要領が大きくて送信できなかったということなのです。

え、でもスマホの写真だよ?それがダメだったら一生本人確認できないじゃないか!
いやいやランサーズさん・・・そりゃないよ←


↑あんまり萎えたのでツイートした

クラウドワークスは同じ写真で問題なく本人確認できた

ぼくがもうひとつ納得できないのは同じクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」では問題なく本人確認できていたこと。
しかも同じ写真を使ってです。

クラウドワークスで問題なく出来ていたことがどうしてランサーズでは出来ないんだろう?
これは萎えます 笑

まあだったらクラウドワークスだけを使えばいいかとも思いました。
しかしよくよく聞くとランサーズのほうが高単価やキュレーション以外の案件が多いとか、ライター案件自体が多いといいます。
となるとランサーズを使ったほうがいいじゃないですか。

それなのに本人確認でつまづいてしまっているから使おうにも使えない状態なんです。
ぼくはこんなにやる気があり真面目に取り組むというのに!笑

繰り返しになりますがランサーズさん・・・そりゃないよ←

今日のまとめ

本人確認ができず萎えてしまいましたが、案外原因は単純な理由のような気も。
だからなんとかうまくいく方法を見つけてライター案件に応募できるようにします。

それにしてもどうしたものか。。。