エンタ Shower満喫 ラボ

富山の吹奏楽団に所属するTuba吹き。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

【無料動画】動かないのが面白いなんて!アマゾンプライム『FREEZE(フリーズ)』シーズン1の感想。

f:id:rsp4690:20180919195202j:plain

 『松本人志×Amazon 今年最大の悪だくみ!』

こんな予告をされていた企画がついに解禁されました!

 

 

これまで松本さんはAmazonプライムで『ドキュメンタル』という番組を5シーズンにわたって発表しています。

シーズン1は当時のAmazonプライムの最高視聴数を記録。

芸能人にもファンが多い人気作になっていて、今年の冬に第6シーズンの配信が決定しています。

 

 

それほど大きな番組となったドキュメンタルをへて今回新しく始まった新番組。

タイトルは『FREEZE(フリーズ)』 

 

 

「何が起こっても動かない」?

いったいどんな番組なんでしょう?

番組の概要と実際に見てみた感想を書いていきます!

 

なおフリーズを観るためにはAmazonプライム会員に登録する必要がありますが、30日間は無料です。

▼詳細はこちら!

 

>>【Amazonプライムビデオ】の詳細はこちら!

 

プライムビデオはスマホでも観れるんですが、fire TVstickがあるとテレビで観られるようになるのでより楽しめておすすめです。

 

 

FREEZE(フリーズ)のルール

ルールはいたってシンプル。

松本さんが『フリーズ』と言ったら何があっても動かない。それだけです。

 

 

動いていいところでは『リリース』という合図がかかるので、それまでは静止状態をキープしなければいけません。

静止している時は腕組みをして無表情になり、会話もしないようにしています。

 

優勝者には賞金100万円。

フリーズにおいては何もしない人が1番強く、何もしなければ優勝して100万円がもらえるのです。

 

一見お得に思えますが・・・

企画が始まったらそんなことは言えなくなります。

 

 

出演メンバー

  • 鈴木奈々
  • ボビー・オロゴン
  • 岩尾望(フットボールアワー)
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 諸星和巳
  • しずちゃん(南海キャンディーズ)
  • クロちゃん(安田大サーカス)
  • ダイアモンド ユカイ

 

 ドキュメンタルの時は芸人しか参加してませんでしたが(シーズン0の板東英二を除く)今回は芸人以外も半数参加しています。

ここがドキュメンタルと違うところですね。

 

それにしたってこのメンバーが共演するってのもあんまりないです。

いろんなことを考慮してオファーしてるんでしょうが、どういうところを見てるんでしょうね?

 

 

フリーズで登場する仕掛け

  • 導火線のついた爆薬
  • 横に取り付けられ回転する竹刀
  • 猫じゃらしがついたドローン
  • 出刃包丁のついたドローン
  • ピストル

 

まだ第一話なのでこれでも肩ならし程度のものなんでしょう。

でもこれで動くなっていうのはかなり無理ありますね。

 

ビックリさせるなど動揺を誘うタイプの仕掛けばかりが出てくるのかと思いきや、意外と笑わせようとしてるのかな?っていうものも出てきます。

今回だと回転する竹刀とかですね。

 

ただフリーズでは笑うのもダメなので、笑うのをこらえている様子はドキュメンタルを見ているかのようです。 

 

 

『フリーズ』第一話の感想

予告を見たときから思ってたことでもありますがこれは画期的です。

「笑ってはいけない」はドキュメンタルを含めいろいろありますが、『動いてはいけない』っていうのはないですよね。

ただ動かないっていうだけのことが面白いとは考えたこともありませんでした。

 

 

動かないようにって言われてもあれだけのものが登場して一切表情も変えず動かないっていうのはほぼ無理。

それでもなんとか動かないようにしようと結構表情に出てしまっていて、その耐えようとしている表情が面白いです。

ドキュメンタルでも笑いをこらえている顔が面白かったりしましたからね。

 

フジモンはビックリ系の仕掛けが来たときは明らかにビビっているのが表情に出てしまっていますし、逆にダイアモンド ユカイは何が来ても表情ひとつ変えないませんがその微動だにしないところがなぜか面白い 笑

 

 

あと個人的に面白かったのが特にフジモンに多かったのですが、ビックリするなどの大きな動きをしてしまった後にあわててフリーズの体勢に戻ろうとするところ 笑

 

ビックリしたところも面白いですが、そのあと瞬時に真顔に戻るところもぼくは笑っちゃいました。

こういうのは動いてはいけないという『フリーズ』ならではだと思います。

 

フリーズは全員最後まで参加するのかと思っていましたがそうではなく、ステージごとに脱落者が2人出ます。

今回はファーストステージだったので、最後に2人の脱落者が出ました。

 

 

一人はまあ絶対そうだろうなっていう人です。

この番組では甘くないようですね 笑(これで分かる人は分かる)

 

もう一人は意外な人。

別の人だとばかり思ってましたが、笑ってることのほうが多かったから回避されたのかもしれません。

ドキュメンタルの見すぎなのか笑ってるのを見ると「これアウトだろ!」って思っちゃうんですよね←

 

 

画期的ではあるものの1話目の今の時点では松本さんが自信作だと言い切る要素は見つからないですし、ドキュメンタルを超えるものになるとは思えません。

 

ただぼくとしてはドキュメンタルのシーズン1は微妙だったんですが、その後はどんどん面白くなっていったと感じています。

 

フリーズはまだ始まったばかりですし、今後シリーズ化するようならさらに化ける可能性は十分あります。

来週からの放送が楽しみです。

 

『フリーズ』第2話の感想 

次の舞台は第1ステージと比べるとやや狭めだったので、第1ステージのような大掛かりな仕掛けは入ってこないのでは?と出演者たちは予想。

 

確かに大掛かりな仕掛けは来ませんでしたが、こんなことに使っていいのか!?と思うほどのテクノロジーが次々襲いかかってきていました。

 

今回は第1話よりも出演者に直接仕掛けていくものが多かったです。

中にはリアクション芸の定番といえるものも出てきていましたが、『何が起こっても動かない』ことになっているため全員が耐えようとします。

動かないからこそやり続けられるというものもあって、かなり笑っちゃいました。

 

特に最後の仕掛けに関しては『動かない』という制約がなくても面白いものだったでしょうが、動かないようにしていることでまた別の面白さが際立っています。

でもさすがにあれはかわいそう 笑

 

そして今回も脱落者が2名。前回同様、芸人が脱落していきました。

普段リアクションをとることに長けている人たちなのでこういう企画だと不利なんですかね?

 

ドキュメンタルでは『フジモンに甘い!』という感想が多かったですが、フリーズではボビーに甘い印象です。

今回こそ脱落かと思ってたので←

 

第2話は30分ほどの短時間で終了しますが、この番組ではこれくらいがちょうどいいですね。

あんまり長くやるとダレてしまいそうです。

 

【FREEZE(フリーズ)】はプライムビデオで無料視聴可!

フリーズを見るならAmazonプライム会員に登録する必要があります。

 

シーズン1は全5話で終了することが発表されています。

 

配信は以下の予定。

  • 2018年9月19日(水)
  • 2018年9月26日(水)
  • 2018年10月3日(水)
  • 2018年10月10日(水)
  • 2018年10月17日(水)

 

登録から30日間は無料なので、今登録すればフリーズが全話無料で観ることができます!

 

今すぐ登録してこの画期的な笑いの結末を見届けましょう!

 

>>【Amazonプライムビデオ】の詳細はこちら!

 

プライムビデオはスマホでも観れるんですが、fire TVstickがあるとテレビで観られるようになるのでより楽しめておすすめです。