フリーライターへの道

人と比べない。自分にできることを積み重ねていけばいい

こんにちは、リュウです。気づけばGW明けからまったくといっていいほど記事を書いていませんでした。。。

一応ライター関連のことはやっていましたが、それでも1週間で書いた文字数は5,000ほど。ほとんど記事を書かないまま、時間だけが過ぎていっていました。そうなった1番の原因は、自分と他の人を比べすぎたことです。

ブログ開始初期以来の記事の書けなさでしたが、そのおかげでわかったこともあるんですよね。忘れないためにもそのことを書いていきます。

生産性の低い自分に嫌気がさした

かれこれ1年以上ずっと感じてることですが、ぼくって記事の生産性が低いんですよね。いつも悩みながら記事を書いているので、時間がかかっています。書きたい意欲はあるのに、それを文章にすることができない、そんなフラストレーションを抱えています。

そんなぼくが丸1日使って書けるのはは5,000文字といったところ。しかし周りを見渡すと、1日に10,000〜20,000文字書ける人もいるんですよね。

数字で見ればぼくの2〜4倍の生産性じゃないですか。つまりぼくの2〜4倍のペースで成長できるということ。そういうふうに受け止めてかなり落ち込んでしまいました。

今はライターとしての仕事もほとんどなく、追いつき追い抜こうにも作業をこなせない状態です。仕事がないことで落ち込んでたので、なおさらネガティブに受け止めやすくなっていたんですよね。まあよく考えたら、そもそもライターの営業をした数も少なかったんですが←

自分にできることをやり続ければいい

ネガティブになってばかりもいられないので、落ち着いてよく考えてみました。

まず生産性が低いということですが、本当にそうなのかはよく分かりません。確かに特定の人と比べると低いのかもしれませんが、中には5,000文字書くこと自体できないという人もいます。全体の層でいえば少しはマシな方かもしれません。

そしてどちらにしても記事を書くとか営業するとか、成果につながる行動を起こさないことには何も始まりません。仕事がほしいなら営業、早く書けるようになりたいなら記事を書く。これ以外に上達する方法はありません。

ぼくの場合、少しがんばれば2,000文字くらいなら平日でも書けそうです。仮に毎日2,000文字書いていたら1ヶ月で60,000文字、1年では720,000文字。なかなかの量をこなすことができます。

今のぼくには1日20,000文字書くのはどうやっても無理です。できないことで悩んでもしょうがありません。自分にできることだけを継続してやり続ける。そうすれば執筆の質も量も今よりずっと高いものになっているはずです。