エンタ Shower満喫 ラボ

富山の吹奏楽団に所属するTuba吹き。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

ブログをさぼるとクセになるから更新したほうがいい

f:id:rsp4690:20171229210541j:plain

こんにちはリュウです!

11月にブログ初めて一年がたったのをきっかけに初心に戻って更新頻度を上げる取り組みをしていました。

おかげで11月は29記事書けて、ほぼ毎日更新できました。

 

しかし最近はやや息切れ気味。。。

今日更新するまで4日も間が空いていました。

やっぱりブログをさぼるのは辞めたほうがいいなと思います。

 

1日書かないと気が重くなる

どうしてもブログを書けない日は出てくるのでそういう日は仕方ないですが、書く時間があるときにブログに向かわないと負の連鎖に入っていきました。

 

「今日は書かずに明日書こう」ってやっていると結局次の日も書く気力がわきません。

ブログを書くのがだんだん億劫になってきて次の日もまた次の日も書かなくなり、ブログにたいするモチベーションがどんどん落ちていきます。

そこから再び更新を再開するのはしんどいです。

 

ブログを書くのは楽しいですが楽なことではありません。

人間楽をしたがるものなので「書かない」という選択をし始めると書かないことを選びやすくなります。

どうにか重い腰をあげてブログを書きはじめても全然うまく書けずしっくりくるものが出来上がらず、書くことが楽しいと思えません。

 

更新頻度はやっぱり重要

11月は更新頻度をあげることを意識していろんな記事を書きました。

正直「これはひどいな・・・」という今までだったらボツにしているような記事も公開しました。

PVをあげることにはプラスにならなかった記事ですが、どんどん記事にしていたことはよかったと思います。

 

更新頻度が高いときはブログにたいするアンテナも高まっています。

書くことがクセになっているとブログに書くことを自然と考えるし、ブログについての情報収集も今まで以上にするようになります。

 

11月と12月の自分を比べてみると、更新頻度が高い時のほうが記事の質もよくなっていました。

しばらくPVにつながる記事書けてなかったですが、ひさしぶりに検索で上位に出てくる記事が書けました。

マラソンでいう「ランナーズハイ」のようになって、量をこなすことで質も高くなってきます。

 

ブログ更新に関しては「毎日書く必要はない」っていう意見も多いです。

毎日書かなくても結果を出している人はたくさんいますし、別にそこまでがんばる必要もないんでしょう。

 

ただブログを書き続けることで見えてくるものがあるので、月に10記事くらいの人は20記事を目指してみるとかちょっときついくらいの量をこなしてみるのがいいです。

 

毎日書くとブログ全体の質が落ちる?

更新頻度をあげていくとゴミ記事がどうしても出てきます。

こういう記事が増えるとつまらないブログが出来あがるから毎日更新なんてする必要がない、というのが「毎日更新反対派」で多い意見です。

 

確かにそうです。でもそれは本当にゴミなんでしょうか?

記事を書けば少ないとはいってもいくらかPVがあります。でも書かなかったら0PVです。

1PVでもあるならプラスですし、可能性としては低いですがその記事を気に入ってくれるかもしれません。

 

あとぼくが見る限り「毎日更新反対派」にはだんだん書かなくなっていく人が多いような。。。

それにたいし「毎日更新推進派」でブログを書かなくなっている人は見たことがありません。ぼくが知らないだけかもしれないですが。

 

長期的にみると更新頻度が高い人が生き残っていくと感じています。

最近息切れしてましたが、年末年始の休暇を利用してブログの更新頻度を高めてみます。

 

twitter.com