MENU
ブログ

月間数100万PV超えるブログが必ずやっていること

世の中には何100万というPVを記録するものすごいブロガーさんがいます。

そんな人たちにはひとつの共通点があるようです。

 

短くてもいいから毎日記事を量産している

ツイートではひとつの記事しかシェアできませんでしたが、この記事だけが短いのではなく、他の記事も大体同じ。
SEO的にはご法度な短い記事ばかりなのです。

主にIphoneのことを書いているので、需要のあるジャンルを扱っているということもあるでしょう。
それにしたってあれだけ短い記事ばかり書いているブログが月間300万PV超えるものでしょうか?
多くのブロガーさん見ててもSEO対策をした記事をせっせと書いても100万PVいくかいかないかがやっとなのに。。。

記事量産型のブロガーというとイケハヤさんが最初に思い浮かびますね。
最近はYoutubeに力を入れていますが、かつてはブログも誰よりも書いて誰よりも稼いでしました。

質が低くてもいいから毎日たくさんの記事を書くというのは桁違いのPVを稼ぐブロガーに共通しているんです。

 

質の高い記事ばかり書こうとすると疲れてしまう

確かにブログでSEOは大事。リサーチをしっかりして記事を書いていくことは読者目線で考えても必要なことです。
でもそればっかりだと疲れてきますよね?

それに「質の高い記事を書かないといけない!」と考えすぎると、段々記事が書けなくなって結局はPVや収益が落ちることが多いように思います。(他のブロガーさんを見ていて感じたこと)

つまり記事を書き続けないとブログは衰退するということ。
だったらなんでもいいから質が低くてもいいから記事を書き続けたほうが絶対いいです。

そしてぼくも最近は全然記事を書かなくなっています。。。
だから質が低くてもいいから毎日更新するということをやってみることにしました。

ほんとに毎日更新と短い記事には意味がないのか?
身をもって試してみます。