エンタ Shower満喫 ラボ

富山の吹奏楽団に所属するTuba吹き。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

ブログの価値はPVや収益だけじゃないと思った話

f:id:rsp4690:20171229210541j:plain


ブログを書くうえでぼくは結果が欲しいと思っていました。

 

ぼくのいう結果とはPVやブログをとおして得られる収益。

ものすごい結果を求めているわけではありませんが、やるからには結果を出したいと思っていました。

 

ブログを書くことは簡単なことではなく思うような結果は未だ出せていません。

好きなように書いているだけではブログは伸びていかないものです。

 

 

ぼくはPVを求めてばかりいましたが、ブログはPVがあればいいというものでもなく書いていくことでもっと価値のあるものが得られるということを感じました。

 

今回はそのきっかけとなる出来事の話です。

 

お店の紹介記事にコメントが!

先日こんな記事を書きました。

富山市「書斎カフェ coconie」が居心地よすぎて快適! - 満喫ぶろぐ

 

正直いってお店レビュー記事はあまり読まれないのですが、いい店だったので少しでも良さを知ってもらいたいという思いで書きました。

 

記事公開後twitteerでシェアをしたところ、次の日にお店のtwitterアカウントが引用リツイートをしてくれました。

 

twitter.com

 

どこから見つけてきたんだろう(゜_゜)

エゴサーチをふだんからよくやっていたんでしょうか?

 

あとは別の記事ですが書評を書いたところ著者さんからのコメントも。

 

twitter.com

 

あんちゃさんは書評などで本を紹介してくれたときはコメントやリツイートを積極的にやっているのでそれほど特別なことではないんですが、それでもこうしてコメントをもらえることはうれしいもの。

 

記事を書いてよかったと思えます。

 

100人に読まれるより1人の満足

ブログを書くからには少しでも多くの人に読まれたいです。

しかしただ読まれるだけでは意味がありません。

 

PVはアクセスだけでもカウントされるので、ちょっと読んで離脱されている場合もあります。

 

全部読んでいても満足してもらえているかは分かりません。

1万人に読まれていてもつまらないと思われていることも当然あるでしょう。

 

 

しかし読んだ人からコメントをもらえるとPVという数字上のデータでは分からない読んだ人の気持ちを知ることができますし、記事を読んでもらえているという実感もわいてきます。

 

PVってあくまで数字のデータであらわれるだけですからね。

 

 

ぼくはPVを増やしていくためにはブログを読んでよかったと思うひとを増やしていくことが重要だと思っています。

100人が満足してブログを気に入ってもらえればその100人はまた読みにきてくれます。

 

そのためにはまず一人を満足させることです。

一人が積み重なって100人になっていくんであって、一人を満足させられないのに100人満足させるなんて出来っこありません。

 

一人満足してくれる人がいるだけでもブログには価値があります。

PV数ばかり求めるのではなく、一人を満足させることを大切に書いていこうと思います。