エンタ Shower満喫 ラボ

富山の吹奏楽団に所属するTuba吹き。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

2018書評

【感想】自分を善人だと思っている人に「教団X」の面白さは分からない

こんにちは、ここ最近小説の面白さに一層目覚めてきたリュウです。 とにかく面白い小説を読みたい気持ちが高まってきたので、今回かなりの超大作に手を出してみました。 それがかつてアメトークの「読書芸人」でも紹介された『教団X』です。 教団X (集英社…

歴史小説がこんなに面白いなんて!和田竜「のぼうの城」のあらすじと感想

これが和田竜・・・!歴史小説がこんなにおもしろいなんて!! ぼくをこんなにも興奮させたのは和田竜(わだりょう)のデビュー作である「のぼうの城」 デビュー作でありながら70万部を超えるベストセラーとなっている作品です のぼうの城 上 (小学館文庫) p…

本屋大賞「かがみの孤城」のあらすじと感想。辻村深月のすべてがここにある

読み終えるのが惜しいと思った小説は久しぶりです。 2018年の本屋大賞受賞作「かがみの孤城」を読みました。 かがみの孤城 posted with ヨメレバ 辻村 深月 ポプラ社 2017-05-11 Amazonで見る Kindleで見る 楽天ブックスで見る あなたを、助けたい。 学校で…

あなたの苦しみを和らげ心を軽くするお釈迦さまの5つの話

生きていくことは苦しい。 次から次へとぼくたちを悩ませることがやってくるので、生きているだけで死にたくなるような世界です。 しかし生きることは意外にもシンプルなもので、見方を変えるだけでグッと生きやすくなります。 ぼくたちの心の悩みに答えを示…

【閲覧注意】正しいことをして幸せになった奴いんの? さとうみつろう「悪魔とのおしゃべり」感想

正しいことをしていれば幸せになれると思っていませんか? ぼくもそう思っていましたがちょっと違うみたいです。 アメーバブログで「笑えるスピリチュアル」というブログを書いているさとうみつろうさんが2014年に「神さまとのおしゃべり」という本を出しま…

「モチベーション革命」感想。これからは生きがいを仕事にしないと生きていけない時代になる

今の若者は「ゆとり世代」「さとり世代」などと呼ばれ、否定的に見られがちです。 ストレスに弱い 物事に受身 根性がない ...etc こんな感じのネガティブなイメージばかりが出てきます。 とにかく一緒に仕事をする上司にとっては扱いにくいって感じです。 今…

99.99%の人が知らない情報発信で人生を爆発的に変える方法

こんにちは、ブログ歴1年5ヶ月のリュウです。 今世界がものすごいスピードで変化していることにあなたは気づいていますか? 実際のところ、99.99%の人がそのことに気づいていません。 ネットやSNSが普及したことによって今までマスコミしかできなかった情報…

【感想】百田尚樹「海賊とよばれた男」には人生の本質がある

こんにちは、読書好きブロガーのリュウです。 2013年の本屋大賞受賞作である百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」を読みました。 海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) posted with ヨメレバ 百田 尚樹 講談社 2014-07-15 Amazonで見る Kindleで見る 楽天ブック…

人の目を気にせずラクに生きるために知っておくべき9つの黒猫思考

こんにちは、リュウです。 金光サリィさんの「人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと」を読みました。 人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと posted with ヨメレバ 金光 サリィ 大和書房 2012-12-15 Ama…

「お金2.0」の感想。お金から完全に解放される未来がすぐそこまで来ている

もっとお金がほしい! お金があっても幸せだとは限らないことはみんな分かっていますが、それでもこの欲求はおさまりません。 好きなものを食べたり、好きな場所に住んだり、好きなことをしたりといったことが自由にできればより充実した人生になります。 し…

住野よる「青くて痛くて脆い」のあらすじと感想。感情のぶつかり合いの果てにあるものは?

昨日住野よるの最新小説「青くて痛くて脆い」が発売。 ぼくは「君の膵臓をたべたい」で大号泣したほどなので、この本もとても楽しみでした。 青くて痛くて脆い posted with ヨメレバ 住野 よる KADOKAWA 2018-03-02 Amazonで見る Kindleで見る 楽天ブックス…

川村元気「億男」あらすじと感想。ぼくたちは一生お金という化け物から逃れられない

お金があっても幸せじゃない。 そんなこともうみんな知ってますし、あなたもそうですよね? お金はぼくたちが生きていくうえでかかせないものです。 お金がまったくなかったらぼくたちは命そのものをおびやかされるし、常にお金に支配されお金によって生かさ…

悟りとはどんなものかを超科学的に解説

悟りを開いたのは釈迦以外にいないといわれています。 釈迦は35歳で悟りを開いてから80歳でなくなるまでの45年間に悟りとは何かを7000冊も書き残しました。 しかしそれでも悟りとは何かを説明しきることはできませんでした。 悟りとはそれほどのレベルのもの…

「コーヒーが冷めないうちに」感想とあらすじ。人とのつながりの儚さと大切さを感じる物語だった

(2018年5月8日 追記) 2015年の発売以来、どんどん評判が広がり本屋大賞にノミネートされ55万部を超えるベストセラーとなっている「コーヒーが冷めないうちに」。 なんと作者の川口俊和さんはこれがデビュー作です。 コーヒーが冷めないうちに posted with …

なぜ青山学院大学は箱根駅伝で4連覇できたのか?

今年の年明けに行われた箱根駅伝で、青山学院大学が4連覇を果たしました。 往路こそ東洋大学に30秒ほどの差で2位でしたが、復路で逆転しての4連覇。 大学駅伝界の常勝軍団になっています。 青山学院大学を指導するには原晋(はらすすむ)監督。 中国電力で…

【感想・レビュー】あんちゃ「アソビくるう人生をきみに。」は仕事に悩むあなたの背中を押す一冊

こんにちはリュウです! ぼくは去年4年働いた会社をやめ転職しました。 4年働いた会社を退職しました。葛藤と後悔、決意について。 - 満喫ぶろぐ 自業自得なところが多いですが、それを抜きに考えても不平不満が横行しているしすぐ近くで同じ部署の人が上司…