エンタ Shower満喫 ラボ

2つの吹奏楽団に所属するTuba吹き。富山県在住。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

隠れた名店!富山市「蔵王桃花」のラーメンはもっと評価されるべき一品

こんにちは、リュウです。

 

おいしいお店は食べログで高評価になったり雑誌で取り上げられたりするものです。

そんなお店でも食べに行ってみると「そんなにうまいか?」と首をかしげたことが一度はあるんじゃないでしょうか?

 

そして逆に雑誌に載らないおいしいお店もあります。

今回紹介するのはそんなお店です。

 

ぼくは富山のラーメンをいくつも食べてきましたが、もっと評価されていいと思うんですよね。

 

富士薬品近くの「蔵王桃花」に到着

「蔵王桃花」は婦中町板倉にあります。

一番分かりやすい目印は富士薬品でしょうか?

隣には天丼のお店があります。

 

店内はカウンター席とテーブル席に分かれています。


f:id:rsp4690:20180326183954j:image

 

お客さんの年齢層はやや高めの印象ですが、家族連れなど幅広い年齢のお客さんが来ています。

13時30分ごろに行ったんですがカウンター席は埋まっていて、ぼくは奥の二人用のテーブル席に座りました。

 

息子さんが来て味が激変!親子経営のラーメン店

ぼくはこの店を友達に聞いて知りました。

その友達いわく、正直昔はまずかったのだそう←

 

しかし店主の息子さんがどこかに修行に行ったあとお店に入って、それからおいしくなりました。

つまり蔵王のラーメンは親子で作りあげたラーメンということです。

 

メニューはこちら。


f:id:rsp4690:20180326194019j:image


f:id:rsp4690:20180326194022j:image

 

蔵王がオススメしているのは野菜味噌なんですが、ぼくは醤油ラーメンが好きです。

今回は醤油ラーメンを紹介します。

 

蔵王のラーメンの味は…?

味玉ランチサービスセットっていうのを頼むとサイドメニューと一緒にお得に食べられます。

ぼくは醤油ラーメンと天津丼のセットにしました。

 

醤油ラーメン。

f:id:rsp4690:20180326194533j:image

 

天津丼。

f:id:rsp4690:20180326194556j:image

 

まずはラーメンから!

蔵王では国産小麦から作った自家製麺を使っています。

やわらかめのモチモチした麺で、うまく言えませんが「麺を食べてるな~」って感じがします。

 

ぼくは麺硬めが好きなんですが、おいしく食べれました。

麺の味は富山のラーメン店の中でも上位レベルです。


f:id:rsp4690:20180326200127j:image

 

スープは煮干しベース。

懐かしい味がします。


f:id:rsp4690:20180326201201j:image

懐かしい味というと甘めのスープを想像するかもしれませんが、あっさりした中にも醤油の濃い味が主張してきます。

富山のラーメンでいえば、まるたかやのしょっぱさを少し抑えた感じかな?

 

とにかくよけいな味がなく無駄がありません。

油っぽさもないのでスープをゴクゴク飲んでしまいます 笑

ラーメンは濃いスープのものが多いですが、あれこれ足さなくても十分な味が作れるってことですね( ・ω・)ノ

 

そして天津丼。

中の白米は八尾産のコシヒカリを使っています。
f:id:rsp4690:20180326201129j:image

 

タレはご飯と玉子の素材の味を壊さずそれでいて薄くない絶妙な味加減です。

中に焼豚も入っているんですが、全体的に薄めの味なんでいいアクセントになっています。

 

まとめ

あっさりした味わいのラーメンなので、濃いラーメンが好きな人には物足りないかもしれません。

ですがあっさり系を求めてる人には満足してもらえるはずです。

 

濃いラーメンばっかりで嫌になったら蔵王のあっさりしつつもコクのあるラーメンを食べてみてはいかがでしょうか?