エンタ Shower満喫 ラボ

2つの吹奏楽団に所属するTuba吹き。富山県在住。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

【睡眠記録】早寝のためにやったことと朝5時にブログを書いてみて分かったこと

こんにちは、リュウです。

ぼくはこの記事を書いた後から朝4時に起きてブログを書くことを習慣化することにチャレンジしています。

 

 

方法としては睡眠アプリを使って記録をとってそれを毎朝SNSに投稿して習慣化の過程を公開しています。

まずはゆっくりやっていくことにしたので、22時台に寝て5時台に起きることから始めました。

 

一週間やってみただけですが、いくつか気づいたことがあります。

ここまでの過程を振り返ってみます。

 

朝のブログ更新は超はかどる

まだ朝の更新は5時に起きて二回やっただけなんですが、その二回とも夜にブログを書くよりもはるかに集中してブログが書けました。

 

もともとテレビは観なくなっているのでその辺の誘惑は夜もないんですが、やっぱり仕事から帰ってきて疲れているのでどうしてもダラダラしたくなってしまいます。

途中でYoutubeを見出して書くのをやめたことが何度あったか 笑

 

朝は起きたばかりなのでダラダラしようという気がおきないので、ブログを書くことだけに集中できました。

Youtubeに関しても寝起きでは観ようという気持ちにならなかったですね。

 

ただ集中力が上がったからといって書くのが早くなったかとそんなことはありませんでした。

遅いものは遅いままです←

 

生産性がグーンと上がることはおそらくないですが、ダラダラせず集中できるのでやはり朝のほうが効率がいいことは間違いないです。

もしかしたら個人差もあるかもしれませんが、試してみる価値は十分あります。

  

早寝するためにぼくが気をつけたこと

ぼくは前からすぐに寝れないってことがほとんどなくて、たいがいすぐ寝れています。

ここからの内容は早寝してみたい人はもちろん、なかなか寝付けない人にも参考になるんじゃないかなーと思います。

 

1.午後にカフェインをとらない

仕事の休憩時間にコーヒーを飲む人は多いと思います。

ただ午後遅い時間に飲むのは睡眠から考えるとやめたほうがいいです。

アメリカの大学の調査によると寝る6時間前のカフェイン摂取でも睡眠が一時間短くなるという結果が出ています。

 

だからコーヒーを飲むなら午後2時まで。

よほど心配だったら午後は飲まないほうが無難です。

そもそも毎日缶コーヒーを一本飲んでいたら月に4000円くらいかかります。

 

ぼくはどうもカフェインをとると気分が悪くなるので、飲み物は基本的に水を飲んでます。

この水は一本49円で買えるので節約にもなっておすすめです。

 

 

2.寝る一時間前はスマホを見ない

よく言われているとおり、夜にいつまでもスマホを見ていたら眠れなくなってきます。

ブルーライトのせいだと思われていますが実はそうではなく、スマホの情報量の多さが原因です。

 

どうしても見てしまうなら電源を切ってしまいましょう。

携帯のアラームを目覚まし時計にしていたり、ぼくのように睡眠アプリを使っている場合は寝る直前に電源をつければいいだけです。

 

3.本を読む

スマホを見ないとすることがありません 笑

だからその時間を使って本を読みましょう。

ぼくは自己啓発本を読むようにしていたんですが、30分くらい読んでいると自然と眠くなってきました。

 

本なら小説でもいいかと思ったんですが、小説はダメでしたね。

目がさえてきてしまいます。

 

まとめ

5時に起きるのでもブログ更新には効果が感じられました。

この感じなら4時はもっといいかも?

 

もしブログに効果が薄くても早寝早起きはいいことなので、習慣化めざしてまたがんばります!( ・ω・)ノ