満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

【超カオス】スピッツの歌詞が不気味で怖い曲5選

 

f:id:rsp4690:20170128212833j:plain

空も飛べるはず、チェリー、ロビンソン。

スピッツの代表曲から爽やか、癒し系というイメージを持っている人が多いです。

 

しかしスピッツの曲には死を連想させるもの、表現が怖い曲もたくさんあります。

決して爽やかなバンドではないんです。

 今回紹介するちょっと歌詞が怖い曲からスピッツの新たな一面を知ってください。

 

ビー玉 

タマシイころがせ

チィパ チィパ チィパチィパ

タマシイころがせ 虹がかかるころに 

 

この歌詞からも想像できるようにビー玉を魂にたとえています。

漫画なんかでみる魂ってどういうわけか球体が多いですよね。

 

ビー玉がぶつかると「チィパチィパ」って音がします。

ビー玉=魂で遊んでいるなんてずいぶん命を軽く見ているんだなと思いますが、実際ぼくたちは自分がいつか死ぬってことを忘れて生きているので命を軽く考えて生きています。

 

このようにビー玉っていうタイトルからは想像できませんが、人の死について歌っています。

 

 

どうせパチンとひび割れて

みんな夢のように消え去って

ずっと深い闇がひろがっていくんだよ 

 

人が死ぬとはこういうこと。

人の命は地球より重いといわれても、死ぬときはあっけないもの。

ビー玉が割れるみたいにもろくなくなり、夢だったかのように終わってしまうんです。

歌詞と間逆のユルい曲調が恐ろしく聴こえます。

 

ビー玉

ビー玉

  • provided courtesy of iTunes

 

死神の岬へ

 

ひやかすつもりはないけど にやけた顔で蹴散らした

死神が遊ぶ岬で やせこけた鳥たちに会おうか 

死神とはもちろん死の象徴。

やせこけた鳥っていうのがなんだか不気味ですが、やせこけているってことはもう死の間際です。

 

今にも死にそうなものが集まっていることから、死神の岬は自殺スポットであり、この曲の2人は自殺しようとしていることが想像できます。

 

そこで二人は見た

老いたノラ犬を見た

ガードレールのキズを見た

消えていく街灯を見た

いくつもの抜け道を見た 

走馬灯のようにも思えますが、最後に「いくつもの抜け道を見た」と歌っています。

この2人は自殺しようと死神の岬に向かいましたが、その先でこれからの人生の希望となる人生の抜け道を見つけて自殺を思いとどまったのだと思います。

人生は一本道ではなく、いくつも道がありますからね。

よかったよかった 笑

 

死神の岬へ

死神の岬へ

  • provided courtesy of iTunes

 

五千光年の夢 

五千光年の夢が見たいな 淡い緑のシャツ着て

頭ガイコツの裂け目から飛び出してみよう

ゆがんだ天国の外にいて

ずるい気持ちが残ってるから

ちょっと照れくさくて ちょっと照れくさくて 

五千光年とは永遠にも感じられる果てしない時間。

頭ガイコツの裂け目から飛び出すという歌詞から、魂が体から抜けていくことが連想できます。

 

この曲の主人公は死んだらどうなるか、死後の世界はどうなっているのかということを考えていてその答えを知りたいと思っているのでしょう。

実際曲を作っているマサムネさんは小学生のころ父方と母方のおじいさんを2年続けてなくして死体を間近で見て死の恐怖を感じたことがあるようなので、死んだらどうなるかを考えていてもおかしくありません。

でも死後の世界なんて・・・知らないほうがいいような気もします

 

五千光年の夢

五千光年の夢

  • provided courtesy of iTunes

 

 スパイダー

ライブで定番の曲のひとつであるこの曲。実は誘拐の歌なんじゃないかと言われています。 

 

可愛い君が好きなもの ちょっと老いぼれてるピアノ

さびしい僕は地下室のすみっこでうずくまるスパイダー

洗いたてのブラウスが今筋書き通りに汚されていく 

 

スパイダー=蜘蛛は糸を出して小型動物を捕食する生き物。

どこかで待ち伏せしてつかまえようとしている様子が浮かびます。

筋書き通りに汚されるブラウス・・・野蛮な行為のにおいがしますね

www.youtube.com

 

水色の町 

 川を渡る 君が住む街へ

会いたくて 今すぐ 飛びはねる心で

水色のあの街へ

 

 

頸(くび)のにおい 明るい瞳

会いたくて 今すぐ 泥まみれの靴で

水色のあの街へ 

冒頭の歌詞の「川を渡る」という歌詞が三途の川のことなんじゃないかと考えられています。歌の主人公が自殺してあの世の彼女に会いに行こうとしているということです。

個人的にはこういう解釈はあんまり好きじゃないんですが、こう考えると納得のいくところも多いんですよね。

 

普通川を渡るなら橋を使うか船を使うので、靴が泥まみれになることなんてありません。

もし汚れるとしたら川辺の泥まみれの地面を歩いたということなので、本当に歩いて自力で川を渡ろうとしていると思われます。

 でも自力で川を渡ろうとしたら死んでしまいます。

このことから入水自殺をしようとしている様子が想像できます。

 

他にも「会いたくて今すぐ 間違えたステップで」という歌詞もあって、人生を踏み外そうとしている=自殺、とも考えられます。

 

単純に好きな彼女に会いた気持ちでいっぱいでいてもたってもいられない様子で会いに行こうとしているとも考えられますが、それにしては曲調が暗いんですよね。

やっぱり自殺なんでしょうか。。。

www.youtube.com