満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

同調圧力と自己保身が日本をダメにする。田村淳「日本人失格」感想

f:id:rsp4690:20170610070502j:plain

日本はどうしてこんなに息苦しいんでしょうか?

 

日本社会では周りと同じであることを求められ、周りと違うことをするとはじき出されてしまいます。

今始まっている就活だってみんな同じ格好、同じ髪の色にしなければならずパッと見違いがありません。よく考えると異様な光景です。

 

このへんの違和感、気持ち悪さについてロンブーの淳さんの本がものすごく的確だったので紹介します。

今の日本について少しでもおかしいと思ったことのある人なら絶対納得できる内容です。

日本社会は闇だらけですよ、ほんと。

 

  部下を潰す上司の「自己保身」と「嫉妬」

なぜ日本の企業は”個”を認めないのか。

その原因のひとつに、上司の「自己保身」があると思う。

部下に新しいことや思いもよらない提案をされてもよくわからないし、それを許可して失敗したときに、自分が責任を取らされるのがイヤなのだ。

自分が計算できないことは安心できないばかりか、「前例がない」ことをされて成功されたら、その方法を思いつかなかった上司の立場がなくなるから、せっせと成功の方法を押し付けているだけだ。

 

確かにそうです。なんだか腹がたってきました。

 

会社に限らず人っていうのは自分が一番かわいいもの。今の自分の立場を守ろうと、部下を押さえつける行動に出るのも仕方ないかもしれません。やっている本人は自己保身の自覚もないかもしれませんが。

 

でもこれって、どう考えても会社にはマイナスですよね?

うまくいったら会社の利益につながるのにそれを潰しているわけですから。何のために会社で働いているのかわかりません。

 

上司のあり方も日本と海外ではまったく違っています。

 

僕が訪れたfacebook社では、上司からあれやれ、これやれと指示される社員なんてひとりもいないという話だった(中略)日本の企業では考えられないことだけど、使えない上司は部下の突き上げを食らい、辞めさせられてしまうケースもあったりする。 

 

アメリカに比べて、日本のビジネスは4~5年遅れているといいます。

こういうところで差がついているんでしょうね。。。

 

幼稚園から始まる同調圧力 

日本には周りと違うことをしてはいけないという同調圧力が根強くあります。

 

  • 幼稚園→周りに合わせろ
  • 小学校→周りに合わせろ
  • 中学校→周りに合わせろ
  • 高校→周りに合わせろ
  • 大学→周りに合わせろ
  • 社会人→周りに合わせろ

 

とにかく周りに合わせる。違うことをすると怒られ、周りと同じことをさせられます。

幼稚園で折り紙を折るのでさえ、周りと違うことをしていると先生に怒られるのだとか。

 

確かに周りと合わせることは大切です。何でもかんでも好き勝手やっていたら物事が成り立たなくなってしまいます。

でもあまりにも周りと合わさせることは個性を殺すことになり、才能をつぶしてしまいます。

 

内閣総理大臣賞を受賞するまでになったさかなクンもそうでした。

小学校のころ、魚の図鑑ばかり見ていてそれを担任の先生が辞めさせようとしたそうです。

 

「うちの子は、とっても魚が好きなんです。しかも、魚の絵も上手に書けるんですよ。それだけで十分じゃないですか。」

 

お母さんが反論して個性を尊重したおかげで今のさかなくんがあるわけですが、もしかしたらこれほどの才能を同調圧力でつぶされていた可能性もあったわけです。

 

”個”を尊重した教育も必要ではないですか?

 

年寄りが若い世代から金も機会も奪う国

東京オリンピックも、政治家が自分のことしか考えていない、いい例じゃん。なんで当初予算の7倍にまで予算が膨れ上がるんだ?国立競技場だけでなく、ボート競技場やら、バレーボール会場やらを造ろうとして、それでその後は大して使われず、維持費だけが膨大に膨れ上がる。その維持費の無駄な金を、国からお金を出してもらえず苦しんでいる子どもたちが払い続ける。

おかしいでしょ、この構造。他の国だったら暴動もんの騒ぎだよ。

 

 

ほんとにどうなってんだよ。

 

少子高齢化だから仕方ないかもしれないけど、それにしたって教育などで子どもに使われる税金が少ない。奨学金を返せないから進学できない人も増えていて、まるで若い世代がお年寄りのために働いているようです。

 

ちょっと話がずれるかもしれませんが、これは若い世代が投票に行かないことも原因なんですよね。

若い世代に指示されなくてもお年寄りに指示されれば選挙に当選するんだから、お年寄りに偏った政策になってしまうんです。

この状況をどうにかするには選挙で投票するしかありません。若い世代の投票率が上がればおのずと若者むけの政策が出てきます。選挙に落ちますからね。

 

国民主権なんだから国民主導でいくらでも国が動きます。デモをやるんじゃなく、選挙で投票に行きましょう。

 

 まとめ

こんな感じで日本のおかしいと思うところをズバズバ書いてあります。

ぼくたちはこの息苦しい社会でどう考え、行動していかなければいけないのか?

気になる人は読んでみてください。