満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

お金がなくても幸せになれるけどぼくがお金がほしい理由

f:id:rsp4690:20170730091157j:plain

お金があっても幸せになれるわけじゃないとよく言われます。

これは間違いではなく、調査によるとアメリカの個人取得は倍以上に増えているにも関わらず幸福度は変わらないままだといいます。

それにお金がいくらあっても満足することはなく億万長者になってもまだ求めてしまいます。

 

その反面お金がなくても毎日幸せそうにしている人たちもいます。

幸せは物によって決まるわけじゃないのでお金があるから幸せになれるわけではありません。

 

幸せを決めるものではない。それは分かっていますがそれでもぼくはお金がほしい。

それはいったいどうして?

今回はそういう話です。

 

お金の不安をなくしたい

生きていくうえでは必ずお金が必要になります。

結婚してなければまだそこまでかかりませんが結婚して子どもが生まれれば学校に行かせる教育費、ローンを組んで家を建てればその返済でさらにお金が必要になります。

 

今は大企業でも倒産する時代でひとつの会社で長く働くという日本で美徳とされてきた考えじたいが通用しなくなってきています。

社会がどうなっていくか分からない・・・そうすると必ずお金の不安が出てきます。

その不安をなくすためにお金のことを考える必要がないだけのお金を持っておきたいです。

 

ぼくは毎日不自由なく生活できて周りの人と楽しく生きられればそれでいいんです。

なのにお金の不安とかめんどくさい。

お金のことを考えるくらいならもっと他のことを考えるのに時間を使いたいです。

 

お金がないから大学行けないなんてばかばかしい

これは結婚して子どもができたらの話です。

将来子どもが何をやりたいというか分かりません。もしかしたら医学部や音大に行きたい、あるいは留学したいと言うかもしれません。

そんなときに「この大学は高いからダメだ!」とかお金を理由に反対するなんてしたくないんです。

 

医学部なり音大なり行きたいところには自由に行かせられる。

留学などやりたいことは何でもやらせられる。

もちろん本人のがんばりは必要ですが夢をかなえられる環境は作ってあげたい。

 

ぼくは部活の吹奏楽や動物の専門学校の進学、一人暮らしなどやりたいようにやらせてもらえました。

だから自分の子どもにも同じようにしてあげたいです。

 

世の中のために使いたい

仏教では見返りを求めない布施(親切)をすることがじぶんの幸福につながるとされています。

お金があるんならそれをじぶんのためだけに使うのではなく、世の中のお金を必要としている人たちに回していきたいです。

 

今は震災の復興や手術の費用、じぶんの夢のためにクラウドファンティングでお金をつのっている人たちがいます。

そういったことのためにお金を回していけばみんな幸せ、ぼくも幸せでいいことだらけです。

 

布施はお金がないとできないわけではなくやさしい言葉や笑顔で接することでもじゅうぶん布施になります。 

でもお金があったらよりたくさんの人に布施ができるとぼくは思います。

 

まとめ

最近の政治とか見てるとお金の問題が多くてお金持ちは汚い、悪いやつのように見えてきます。

本来お金を使うということは商品やサービスに対しての対価として支払われるので感謝の気持ちをもって回っていくものです。

よりよいお金の使い方をしていきたいです。