満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

【練習日記】定期的に続けていくことの重要性

f:id:rsp4690:20170611212603j:plain


1ヶ月ぶりに楽器の練習に行きました。

さっそく曲練習だったんですが、楽器を吹く感覚が少し分からなくなりました。

 

簡単な曲から吹いたからいいものの、やっぱり定期的に吹いてないとだめですね(^^;

 

吹いてなかった理由

仕事で疲れたとか、職場が変わったことで行くのが大変になったとか理由はいくつかありますが、なんとなく楽器を吹くのが億劫になっていたことが一番の理由です。

 

11月に本番があったんですが、あんまり楽しめないまま終わってしまったんですよね。

 

来年の3月に演奏会があるのでそろそろ行かなきゃな、と昨日練習に行ってみたらやっぱり楽器を吹くのは楽しかったです。

 

単に疲れていただけなのかもしれません。

楽器を辞める必要はなさそうです 笑

 

定期的に練習することの大切さ

金管楽器は久しぶりに吹くと唇が痛くなります。

口がヒリヒリし、腫れたような感じです。

 

その日練習した曲はそんなに難しいものではなかったんですが、音を出すタイミングやどれくらいの大きさで吹けばいいかなどがすぐに判断出来ませんでした。

 

しばらくしたら感覚を取り戻してきましたが、やっぱり1ヶ月も吹いてないとだめみたいです。

 

ブログも定期的にやらないとまずい

楽器では「1日吹かなかったら取り戻すのに3日かかる」と言われています。

プロレベルだとどうか分かりませんが、アマチュアレベルなら3日もかかる程ではないです。

 

これはブログだったら当てはまるんじゃないでしょうか?

理由はどうあれ1日書かないとだんだんブログを書くのが億劫になってきて、2、3日とか空くようになって、ブログから遠ざかっていくことがあります。

 

書くのが目的になっているところはありますが、ちょっとずつでも積み重ねていくことは何も書かないよりいいと思うんです。

 

まとめ

今でこそ楽しめている楽器ですが、吹奏楽部にいたころはうまく出来ず苦しいことのほうが多かったです。

 

続けてきたからこそ楽しんで吹くことが出来るようになっています。

 

ブログは続けていったらこの先どうなるんでしょうか?

よりよい結果がでることを信じて書いていこうと思います。