満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団に所属するTuba吹き。富山県在住。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

「コーヒーが冷めないうちに」感想とあらすじ。人とのつながりの儚さと大切さを感じる物語だった。

f:id:rsp4690:20180116215102j:image
2015年の発売以来、どんどん評判が広がり本屋大賞にノミネートされ55万部を超えるベストセラーとなっている「コーヒーが冷めないうちに」。

 

なんと作者の川口俊和さんはこれがデビュー作です。

 

 

過去に戻れると評判の喫茶店にきた4人の女性が限られた時間の中で過去に戻って会いたい人と再会し、お互いに言うことができなかった本当の気持ちを伝えていく話です。

 

4つの短編で構成されていますが、それぞれの話につながりがあり本一冊でひとつの物語になっています。

 

作者の川口俊和さんとは?

川口さんは大阪府茨木市の出身です。

何月何日生まれかは非公開なので分かりませんが、1971年生まれなので誕生日を過ぎてなければ46歳です。

 

 

劇団音速かたつむりで脚本と演出を担当していて、現在は1110プロデュースを主宰しています。

 

「コーヒーが冷めないうちに」はもともと1110プロデュースの舞台で公演していた物語です。

それを編集者が見に来ていてとても感動し、小説として発売することを持ちかけたようです。

 

いきなりベストセラーを出すくらいだから小説家を目指していた人だと思ってましたが、舞台を手がけている方なんですね。

 

また、舞台版「コーヒーが冷めないうちに」は第10回杉並演劇祭大賞を受賞していて、舞台としても評価の高い作品です。

 

「コーヒーが冷めないうちに」のあらすじ

お願いします、あの日に戻らせてください――。
過去に戻れる喫茶店で起こった、心温まる4つの奇跡。

(商品紹介より引用) 

 

 

物語の舞台は喫茶店「フニクリフニクラ」

 

この喫茶店には、とある席に座ると望んだとおりの時間に自由に行くことができるといううわさがありました。

 

そんなうわさがあるのだから大勢の人が過去に戻ろうと訪れるのですが、ほとんどの人は過去に戻ることなく店を後にします。

なぜならいくつもの面倒なルールがあって、それをすべてクリアしないと過去に行くことができないからです。

 

そのルールはこのようなもの。

1.過去に戻っても、この喫茶店を訪れたことのない人には会えない

 

 

2.過去に戻って何をしても現実を変えることはできない

 

3.過去に戻れる席にはいつも座っている客がいて、その客が席を離れた時しか席に座れない

 

4.過去に戻っても席を移動することはできない

 

5.コーヒーをカップに注いで、そのコーヒーが冷めてしまうまでの時間しか過去にいられない

  

大まかに言えばこの5つですが、他にもいくつか面倒なルールがあります。

 

 

この喫茶店に来て過去に戻ろうとする人は、過去に戻って現実を変えようという目的がある人ばかりです。

 

しかし過去に戻っても現実が変わらないのではなんの意味もありませんし、面倒なルールがあまりにも多いため過去に戻った人はほとんどいません。

 

物語の中では4人の女性が時間を移動しますが、過去は変えられないことを理解したうえで、会うことができなくなった人にもう一度会いに行きます。

 

4つの短編

この小説は4つの短編で構成されています。

それぞれのあらすじを紹介します。

 

第1話「恋人」 結婚を考えていた彼氏と別れた女の話

医療系大手IT会社で働く清川二美子(きよかわふみこ)には同じく医療関係の会社でシステムエンジニアをしている賀田多五郎(かただごろう)という3歳年下の彼氏がいました。

 

ある日「大事な話がある」と五郎に呼び出された二美子は、仕事でアメリカに行くことになったこと、その出発が数時間後でだということを突然告げられます。

 

五郎はちゃんとした説明もないままその場を立ち去ろうとするので、二美子は怒りをぶつけてけんか別れになってしまいました。

 

 

本当はアメリカに行ってほしくないのにそれを言えなかったことを後悔して過去を変えようと喫茶店に来ますが、現実を変えられないというルールを知って愕然。

 

それでもいいからと過去に戻ってもう一度五郎に会いに行ったところ、今まで二美子が知らなかった五郎の気持ちを知ることになります。

 

はたして五郎がずっと抱えていた気持ちとは?

 

第2話「夫婦」 記憶が消えていく男と看護師の話

フニクリフニクラでいつもコーヒーを飲んでいる房木(ふさぎ)。

 

過去に戻れるという都市伝説のことを知っていて、過去に戻って妻に渡しそびれた手紙を渡そうとしています。

なお、妻がいたことは確かですが今どこにいるのかも名前も思い出せないといいます。

 

房木の妻は喫茶店の近所の病院で看護師をしている高竹(こうたけ)。

二人は夫婦なので、高竹は旧姓です。

 

 

ある日高竹が喫茶店にいる房木を迎えにきたところ、「どこかでお会いしたことありましたっけ?」と言われてしまいます。

 

房木は若年性アルツハイマーを発症して記憶障害を起こしていました。

そのため妻がいることは覚えているのに目の前にいる高竹が妻だと分からなくなっていたんです。

 

看護師としても接していた高竹はこの日がくることを覚悟していましたが、房木に忘れられてしまった現実を受け止めきれず大きなショックを受けます。

 

しかし房木が自分に渡そうとしていた手紙があることを知った高竹は、まだ記憶が残っている頃の房木から手紙を受け取るため過去に戻ります。

 

房木が手紙で妻である高竹に伝えようとしていたこととは?

 

第3話「姉妹」 家出した姉とよく食べる妹の話

喫茶店の近所で人気のスナックを経営している平井八絵子(ひらいやえこ)。

 

仙台で創業180年の老舗旅館「宝蔵(たかくら)」が実家ですが、旅館を継ぐことを拒否して勘当同然で家出していました。

代わりに妹の久美(くみ)が女将として旅館を継いでいました。

 

久美は家出した八絵子に月に一回は会いに来て、実家に戻るように説得していました。

しかしここ1,2年は八絵子が迷惑がって久美と会おうとしていませんでした。

 

久美がどれだけ会うことを拒否されても説得しにきていたのは、ずっとやりたいと思っている夢があったからです。

その夢とは一体・・・?

 

第4話「親子」 この喫茶店で働く妊婦の話

フニクリフニクラのマスターである時田流(ときたながれ)とウエイトレスをしている時田計(ときたけい)は夫婦です。

 

計は女の子を妊娠しているのですが、生まれつき心臓が弱いため出産をすると心臓への負担が大きく母子ともに無事でいられる保障がありません。

 

計は死も覚悟して赤ちゃんを産むことに決めますが、自分が娘の成長を見届けられないことに悲しみを感じていました。

 

 

ここまでの3つの話ではみんな過去に戻っていますが、この喫茶店では望んだとおりの時間にいくことができるため未来にも行くことができます。

ルール上ひとつ大きな問題があるので今まで未来に行った人はいませんが。。。

 

 

計はその問題をクリアすることができたので未来に行き、15歳になった娘に会いに行きます。

 

「コーヒーが冷めないうちに」の感想

 この本を読んで感じたのは人と人はいかにすれ違いが多いのかということです。

 

特に1話と3話は相手の考えていることを自分の思い込みで判断してしまったためにすれ違った二人の話です。

 

4話は未来に行く話なので違いますが、2話でもお互いの気持ちを伝えられない状態になってしまうことですれ違っています。

亡くなったわけではないですがアルツハイマーで忘れられてしまったことで、病気になる前のようには会話できなくなりました。

 

 

過去に戻った登場人物たちは、現在の世界に戻ってからは全員幸せそうな表情で現実を生きるようになっています。

 

過去に戻っているのはコーヒーが冷めるまでの短い時間(しかもコーヒーはぬるい)。

その間ほんの少し会話をしただけで過去から戻ってきてからの現実が変わってしまっています。

幸せと苦しみの境界線はほんのちょっとの些細なことなんでしょう。

 

 

二美子は言葉を選んで、

 

「......これから、未来のことは?」

と、聞いた。数は、二美子に向き直り、

「未来はまだ訪れてませんから、それはお客様しだいかと......」

と、初めてニッコリと笑顔を見せた。 

 

過去に戻ることはできないし、どんなに後悔しても過ぎてしまった過去を変えることはできません。

しかし今ある現実とこれからの未来は自分の力で変えていけます。 

 

 

人生において人とつながっていられるのは、ほんのちょっとの時間です。

いつなくなるか分からないものなので、公開しないように大切にして生きていこうと思います。

 

Amazonレビューが荒れているけど・・・

  • 死を雑に扱っていることに腹がたつ
  • 内容が浅い、陳腐

 

などの低評価によってこの本のレビューは炎上レベルで荒れています。

 

本は10人いれば10人違う感想をもつといっても言いすぎじゃないので、つまらないと感じてもしょうがないです。

 

 

全部読んだぼくとしては、この低評価は何言ってるのか全然分かりません 笑

 

よくある話といえばよくある話なので、つまらない人にとっては陳腐とか浅いといった感想になるんでしょうが。。。

泣くまではいかなくても普通に温かい気持ちになると思うんですけどね(´・_・`)

 

死を雑に扱っている、に関してはまったく分からない。

メインはそこじゃないんだしこんなもんでは?

人を死なせて悲しませようとしているんじゃないことくらい普通に読めば分かるはずです。

 

ベストセラーのレビューって荒れやすいし、ある意味宿命なのかもしれません。

 

 

ぼくは泣くほどではありませんでしたが、どの話も温かい感動が広がるいい話でした。

 

文章も読みやすいのであまり本を読まない人にもオススメです!