満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

あなたの人生に光を与えるブッダの名言10選

f:id:rsp4690:20170620213840j:plain

 人生には苦しみがたくさんあります。

あなたは今なんの悩みもなく生きれていますか?

 

今回はブッダの名言を紹介します。

きっと生きるのがラクになることでしょう。

 

ブッダってどんな人?

 ブッダ(仏陀)とは悟りを開いた人のことをあらわしていて、悟りを開いた人はお釈迦様だけです。

つまりブッダ=お釈迦様。仏教を開いた人です。

 

16歳で結婚し王宮で生活していましたが老い、病、死、という生の苦しみがあることを強く感じて29歳の時に王宮を抜け出して出家。

 

それから35歳までの6年間で体得した苦しみを取り除いて幸せになるための方法を教えたのが仏教です。

 

ブッダの名言

 

1.天上天下唯我独尊 

暴走族や番長が背中に書いている言葉で知っている人もいるかもしれません。

なんか強そうな気がするのかもしれませんが、本来の意味はそんなものではありません。

 

天上天下唯我独尊とはブッダが生まれたときに天と地を指差して言った言葉であり、「自分は誰にも変わることのできない人間として生まれており、この命のまま尊いという意味です。

 

誤解しないでほしいのは「自分が一番尊い!」とうぬぼれているのではなく、すべての人が誰にも変わることのできない尊い存在だということを言っているということです。

「世界にひとつだけの花」で歌われている”もともと特別なオンリーワン”と同じ意味です。

 

誰もが生まれてきただけで尊い存在です。まずそのことを誇りましょう。

 

 2.生まれを問うな、行為を問え

仏教は人間がみんな平等であるという教えです。

人の運命は生まれた家などの環境によって決まるものではなく、その人の行いによって決まるものです。

 

火はどこから起きても物を焼く力が備わっています。そのように人の価値も行為によって決まるとブッダは確信していました。

 

3.過去は追ってはならない、未来は待ってはならない。ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない

ぼくたちはもう過ぎてしまってどうしようもならない過去のことばかりにとらわれ、まだどうなるか分からない未来のことばかりを考えて不安になってしまいがちです。 

 

過去を変えることは出来ません。しかし過去がどうであっても今この瞬間だけは自分の力でコントロールすることが出来ます。

そして今を変え続けていくことでこれから先の未来を変わっていきます。

過去も未来も関係なく、今がすべてです。

 

今後ぼくがスマホを見ながらだらだら過ごすことはもうないでしょう 笑

 

4.以前には怠りなまけていた人でも、のちに怠りなまけることが無いなら、その人はこの世の中を照らす。あたかも雲を離れた月のように

今を強く生きるということとも関係ある言葉ですが、今まで怠けていたからもうだめということはありません。

もし、今あなたが何か怠けていることがあったとしてもこれから怠けなければいいんです。

 

怠けることなく努力を続けていけば周りに強い影響を与える存在になっていきます。大切なのはこれからの積み重ねです。

 

5.最大の名誉は決して倒れない事ではない。 倒れるたびに起き上がる事である

一見どんなことがあっても偉いように思いますが、ブッダはそうではないと語っています。

人生は浮き沈みが激しいので、何度も倒れてしまうことのほうがはるかに多いです。

 

倒れることがあってもその度に起き上がることの出来る人は最終的に大きな結果をつかみとります。起き上がり続けることで最高の名誉を手に入れるのです。

 

6.沈黙しているものも非難され、多く語るものも非難され、少し語るものも非難される。つまり、世に非難されないものはいない。 

人の悩みはすべて人間関係についてのものです。

嫌われることを恐れて本当の気持ちを抑えることもあるかもしれません。

 

しかしすべての人に好かれるということは不可能です。

たとえばビートルズは世界中の人に人気でしたが、嫌いな人も存在していました。世界的に人気のスターでさえ非難する人がいます。

 

何をやったって非難する人はいます。だから気にすることはありません。

 

7.もし、清らかな心で生きている人がいたとしたら幸福はその人の後についていく。 

ブッダが説いた仏教では、自分のやったことがそのまま結果としてあらわれると教えられています。

これを自因自果(じいんじか)といい、仏教の根幹の考えです。

 

清らかな、正しい心を持っている人は正しい行いをしている人です。だから当然、幸福といういい結果がやってきます。

 

 8.人は「私はこういう人間だ」と自分で考えるその通りのものになります。それと異なったものになることはない。

人生は思い通りにはならないと考えているかもしれませんがそれは間違いです。

すべての人は自分の思い通りの人生になっています。

 

人はセルフイメージ通りの行動をするので、「自分は不幸な人間だ」と思っていたら不幸なことばかりがおきて苦しむことになります。

詳しくは以下の記事でも書いています↓

あなたが苦しみ続ける理由を科学的に解説 - 満喫ぶろぐ

 

 9.水が一滴ずつでも滴り落ちるならば、水瓶でも満たすことが出来る。 

努力を続けていてもなかなか結果が出ないと、自分は何も変わっていないように感じてきます。

しかしどんな小さな努力であっても確実に成長していて無駄にはなっていません。

 

たった一滴の水でも落ち続ければ瓶を満タンに出来ます。

続けていけば必ず成果につながります。

 

10.今日すべきことは明日に延ばさず確かにしていくことこそよい一日を生きる道である。 

やらないといけないことがあったとしても「明日やればいいや」と先延ばしにしていませんか?

そうして先延ばしにした結果全然やらず、後からあわてることになったことは一度や二度じゃないはず 笑

 

結局やらないといけないんだから先延ばしにしたっていいことはひとつもありません。

やるべきことをすぐにやっていけば気持ちに余裕も生まれます。

 

まとめ

ブッダの考えはとても合理的で自分がつまらないことを考えていることがよく分かります。

 

あれこれ悩んでいる時間がもったいないです。

あなたもブッダの思想に触れてみてはどうでしょうか?