エンタ Shower満喫 ラボ

2つの吹奏楽団に所属するTuba吹き。富山県在住。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

プロブロガーあんちゃさんが富山に!アソビくるう人生をおくるために必要なこととは?

f:id:rsp4690:20180128133759j:image
月間50万PVの人気ブログ「まじまじぱーてぃ」を運営するあんちゃさん。

去年初出版となる本を発売され、現在は出版記念イベントで全国行脚しています。

 

本はこちら。

 

 

【感想・レビュー】あんちゃ「アソビくるう人生をきみに。」は仕事に悩むあなたの背中を押す一冊 - 満喫ぶろぐ

 

そして今回なんとあんちゃさんが富山にやってこられました!

ブログをやっている立場からするとかなり有名な人なのでこれはすごいことです。

 

このチャンスを逃すわけにはいかない!

秒で参加を決めました。

 

プロブロガーあんちゃさんとは?

 

あんちゃ:1991年生まれ。
北海道札幌市出身。ブロガー・メディアディレクター。
大学卒業後に上京し、IT企業に2年間勤務。会社員の頃に個人ブログ「まじまじぱーてぃー」を立ち上げ、その3ヶ月後に会社を退職しブロガーとして独立。
ブログ開始から1年で月間70万アクセスを超える。
現在の活動はブログ運営にとどまらず、恋愛メディア「らぶりりーす」の編集長・コンサルティング業・講師業・イベント講演など多岐に渡る。 

 

あんちゃさんは会社員として働きながらブログを書いていましたがものすごしスピードで成果を出していって、現在はブログで収入をえて生活しています。

 

会社で働いていくうちに「この先40年ずっとこれを続けるの?」と思い始め、イベントなどに足を運んで普段出会うことのない人に会っていくうちに、今まで知らなかったいろんな働き方があることを知っていくようになります。

 

そしてブログを始めて3ヶ月の時にブログで食べていくことを決意して退職。

次の月にはブログ収益が19万をこえる急成長をとげて今は月に80万くらい稼いでます。

 

あんちゃさんの飛躍のきっかけでもありぼくが好きなのはこの記事。

《18禁の館》「熱海秘宝館」に女1人で行ってきた | まじまじぱーてぃー

 

あとはこれも好きですね。初期ばっかりで申し訳ないですが。

ネットカフェのバイトは楽?クソゲス珍事件に巻き込まれた話 | まじまじぱーてぃー

 

 

ざっくりした説明であまりあんちゃさんのことは分からなかったかと思いますので、詳しく知りたい人はブログか本を読んでください! 笑

 

アソビくるう人生をおくるには

あんちゃさんは今「好きな場所で好きな人と好きなことをする」人生を手に入れています。

これが本のタイトルでもあるアソビくるう人生です。

あんちゃさんはフリーランスになっていますが、なにも会社を辞めなくてもアソビくるう人生をおくることは可能です。

 

 

必要なのはこのようなもの。

順番に見ていきましょう。

 

1.自分の武器やスキルを発見する

例えばギターが好きな男の子がいるとします。

実力はプロにはなれないけどアマチュアとしてはかなりのもの。

 

普通だったらバンドを組んで趣味としてギターを続けるとかになるでしょうが、それではアソビ狂うまではいきません。

 

 

ギターが上手いといっても弾くのがうまいだけではなく

  • ギターに詳しくて楽器選びが得意
  • 音楽知識が豊富
  • 作曲スキルがある

 

などなどいろいろあります。

 

ぼくは吹奏楽をやっていて音大に行った後輩を何人か知っていますが、楽器でプロになれるのはほんの一握り。

プロにはなれず地元で就職したり吹奏楽部の顧問になる人が多いです。

 

 

しかし音楽で食べていくならプロになるだけがすべてではありません。

 

さっきの例で言えば

  • 楽器選びが得意→楽器店で働く
  • 作曲センスがある→フリーで編曲やアレンジをする

 

といったことができます。

演奏技術があって教えるのが好き・得意なら学校の先生になったり講師としてレッスンするのもいいでしょう。

 

音楽だけで考えても好きを仕事にする手段はたくさんあります。

 

 

他にも漫画に詳しくておもしろい漫画をたくさん知っているとか、マラソンが好きで忙しい中でも好タイムを出したとか、人によって得意なことがひとつは必ずあります。

ぼくの場合はバンドのスピッツが大好きなんで、おすすめアルバムやエロい曲(笑)、マサムネさんの声についてブログで語ってます。

 

2.好きなことを発信する力(アウトプット)

どんなにすごい知識や経験があっても自分の中にとどめておくだけでは自分にしか価値がありません。

それを発信してたくさんの人に伝えていくことで認知されて価値が生まれます。

 

 

さっきの例の「楽器選びが得意」でいうと

  • このギターはこんな特徴がある
  • 初心者にはこのギターがおすすめ!なぜなら・・・

 

といったことをネットで発信していけばギターを買おうと思っている人の力になることができます。

 

このように有益な情報を発信し続けていくと「ギター選びはこの人に聞けばいい」「この人の言うことは間違いない!」とたくさんの人に信頼されるようになります。

 

信頼が蓄積されていれば広告収入などにつなげることができて自分の好きなこと・得意なことがお金になります

 

ここまでのことを図にするとこんな感じです。

 

今はネットが発達していて情報があふれているので、インプットをしている人は多いでしょう。

 

しかしアウトプットとなるとどうでしょう?

ほとんどの人はただ情報を受け取るだけにとどまっています。

 

あんちゃさんもアウトプットが出来ていない人が多いと感じていました。

図を見てもらえば分かるようにアウトプットがなければ信頼も現金化にもつながりません。

 

 

本やネットでインプットをしているだけでは浪費・消費ですが、アウトプットをしていけば投資に変えていくことができます。

 

また、アウトプットを続けていくことで良質なインプットにつながります。

ぼくだってブログをやっていなければあんちゃさんのことを知ることもイベントに参加することもなかったし、あんちゃという名前を聞いても「アラレちゃんか?」とか思うだけです。

 

発信する手段はブログでもyoutubeでも自分に合うものを選べばいいです。

どういうふうにやればいいかはとにかくググりましょう←

 

3.あんちゃに流されるな

  

最後に今までの話を全否定するような発言 笑

もちろんちゃんとした理由がありますし、これが一番重要かもしれません。

 

 

あんちゃさんはブログで結果を出していますが、あんちゃさんの言っていることがすべて正しいとは限りません。

もしかしたらあんちゃさんのやり方が合わない人もいるかもしれないし、真逆のやり方がうまくいくことだってあるかもしれません。

 

大事なのは自分で考え、やってみて確かめること。

ブログのことはググれば分かることが多いですが、結局はトライ&エラーを繰り返して皮膚感覚で掴んでいくしかありません。

 

まずは何でもいいからやってみること!

話はそれからです。

 

富山のアソビくるう人生を目指す人たち

あんちゃさんは全国行脚イベントの開催についてブログでこのように書かれていました。

 

 

 社会人2年目になって、「本当にこのままの働き方でいいのか」と悩み始めたとき、行動するための勇気をもらったのが、知り合いが呼んでくれたトークイベントでした。

そのイベントはこれからの働き方を考えるというテーマで、当時の私にはドンピシャのイベントでした。

そのとき参加していた人たちが、すごく楽しそうに仕事やキャリアの話をしていて衝撃を受けたのを覚えています。

「世の中にはこんなにいきいき働いている同年代がいるんだ」と気づくきっかけとなりました。 

 

引用 https://www.mazimazi-party.com/entry/ancha-book-event/

 

あんちゃさんのトークのあとには会場内での交流会と、希望者のみ場所をうつしての懇親会がありました。

 

参加者の中にはピースボートで世界一周したあとブログを始めて独立を目指す元看護師の女性、高校生の女の子もいました。

 

世界一周だけじゃなくブログで食べることを目指して稼げる前から実際に行動しているところもすごいし、高校生でこのイベントに参加するとか将来有望でしかない 笑

 

他にもコミュニティビジネスの支援をしている方や、あんちゃさんに「こいつ変態だ」と言わしめた男子大学生←

ぼくが知らないだけで富山にもすごい人がたくさんいました。

 

 

ぼくは人見知りして話を聞くばかりになって、あんまりあんちゃさんを含む参加者の人たちと積極的に話すことはできませんでした。

 

ただ、話を聞いているだけでも刺激を受けるところがたくさんあり、「やばい、ぼくまだまだ何も知らないな。もっと頑張ろう」と思えて、あんちゃさんが言っていたことがなんとなく分かりました。

同じ機会があったら次はもっと話さないとな。

 

まとめ

イベントに参加して、ブログでこれからこんなことをやってみようかなというものがひとつ浮かびました。

うまくいけばなかなかおもしろくなりそうです。

 

今回イベントで学んだことが無駄にならないよう、ブログをがんばっていこうと思います。

 

あんちゃさん、企画のかじっくすさん、参加者、スタッフのみなさん

ありがとうございました!