満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

サッカーが上手いだけでは勝てない 全国高校サッカー選手権

f:id:rsp4690:20170102174319j:plain

全国高校サッカー選手権大会、僕の住む富山県からは富山第一高校が出場しています。

 

今日の2回戦で沖縄の那覇西高校に4-1で勝利しました。

 

4点もの得点をとっての初戦突破は、3年前の全国制覇したときを思い出す勝ち方でした。今年はいろんなところから点がとれるチームのようです。

 

このまま勝ち進んでいってもらいたいですが、サッカーは不思議なもので、チーム力で上回っていても負けるときがあります。勝つためには何が必要なのでしょうか?

 

 

何が起こるか分からない

 

ベスト8だった去年のチームは守りの堅いチームでしたが、今年は攻めのチームです。

 

大塚監督はインタビューで「3年前との共通点は、攻撃の切り札が多いこと」と語っています。

 

今日の試合でも点差がついてからも積極的に攻めていっていて、那覇西が思うように攻めれていない場面がありました。次も積極的に攻めていってほしいです。

 

サッカーは最後まで何が起こるか分かりません。リードしていてもたった一つのミスが流れを変えたり試合を決めることもあります。

 

 

応援は選手に聞こえている

 

試合に出れなかった選手はスタンドでの応援にまわります。試合に勝つためには応援もとても重要です。

 

サッカーではないですが、僕は高校で吹奏楽部にいたので、野球部の応援に行っていました。よいプレーにはたくさんの拍手、エラーには「ドンマイ」の声。強いチームほど応援に力があります。

 

今日の解説によるとスタンドからの応援の声は、選手によく聞こえているそうです。

 

富山第一が優勝したときは大型バス41台で大応援団が駆けつけていました。点をとったときも大歓声でしたし、この応援が逆転勝ちの要因にあると思います。

 

 

観客を味方につける

 

観客は面白い試合を期待しています。特に終盤での逆転勝ちは盛り上がります。

 

富山第一が優勝したときは終了間際に2点差を追いつき、会場全体が逆転勝ちを期待している状態でした。

 

このように会場が後押ししていると相手チームにプレッシャーとなります。

 

最後まであきらめないプレーなどで、ファンの心をつかむことが勝つためには重要です。

 

 

まとめ

 

今日の勝利でベスト16入り。これも十分すごいことですが、全国制覇を知っている以上どうしても欲が出てしまいます。

 

3年前のように優勝できるようにがんばってもらいたいです。

 

今日も読んでいただきありがとうございました(^ ^)