満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

2016年に読んで目から鱗が落ちた本10選

f:id:rsp4690:20161230113313j:plain

2016年は、隙間時間を使って本を読むようにして38冊読むことができました。今年まで読書の習慣がなかったので、かなり読めたと思います。

 

「朝活ネットワーク富山」で、やり方よりも心のあり方が大事だということを学んでから、心のあり方についての本を中心に読んでいました。

 

今年読んだ中でも特によかったと思う本をピックアップして紹介します。

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

ベストセラーとなっているので読んだことのある人も多いと思います。

 

心のあり方が大事と知る前に読んでいた本ですが、心のあり方についてここまではっきり書かれた本はないです。

 

自分の人生は他者の期待を満たすためのものではなく、自分のためのもの。

自由とは、他者から嫌われること。その覚悟がなければ自分の人生を貫くことはできない。

 

これは心のあり方について本で共通していることでした。

 

 

 

 

以前の僕は悩みがあっても、周りに迷惑がかかると思って人に相談ができませんでした。

しかしそれは「自分ひとりでやること」に依存している状態でした。

 

自分ひとりで解決しようとしていた僕は、周りの人を信頼していなかったということです。

 

そのことにこの本を読んで気がつきました。

 

 

rsp4690.hatenablog.com

 

 

 

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

ホリエモンに対しては「金の亡者」というイメージを持っていました  笑

しかしそれは大きな誤解だったとこの本を読んで分かりました。

 

ホリエモンがどんな考えで仕事をして、どんな考えで生きているのか?

 

それが分かった今は「かっこいい人だな」と思っています。

 

 

 

 

今年から本格的に仏教を学び始めました。

 

仏教というとネガティブなイメージを持っている人も多いかと思いますが、仏教では人生のあらゆる問題に対して明確な答えが示されていて、学んでいくとどんどん悩みがなくなっていきます。

 

すべての悩みは自分の心が生み出しています。それを解消する正しい考え方がこの本に書かれています。

 

 

 

夢をかなえるゾウ2 文庫版

夢をかなえるゾウ2 文庫版

 

 

「夢をかなえるゾウ」シリーズ2作目のこの本では成功法則に加え、お金が増える人はどんな人なのかということが描かれています。

 

笑って楽しく読んでいけて、最後は感動させられる。自己啓発とエンターテイメントをうまくあわせているのがすばらしいです。

 

 

 

これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条

これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条

 

 

小説家の小川糸さんが大切にしている「ものづきあい」についての本です。

 

「長く使えるもの」「ずっと気に入っていられるもの」を選ぶ基準とすること、最小限のものだけを持つなど、ものを大切にした考えに感動してしまいました。

 

この基準で選んでいくことは節約にもなり、とても合理的です。

 

 

 

敏感すぎて困っている自分の対処法

敏感すぎて困っている自分の対処法

 

 

5人に1人が抱えている敏感すぎる気質HSPについての本です。

 

HSPの人は多いですがまだあまり知られていなくて、本も少ないのが現状です。

 

僕自身HSPで生きずらさを感じていましたが、どう向き合っていけばいいかが分かって救われました。こんな本がもっと増えていって欲しいです。

 

 

rsp4690.hatenablog.com

 

 

rsp4690.hatenablog.com

 

 

 

旅の途中

旅の途中

 

 

スピッツのファンなのに読んでませんでしたが、ようやく読むことができました。

 

僕は吹奏楽をやっているので、アーティストがどんな考えで音楽をやっているのかは興味深いものです。

 

ファンはもちろん、あまり知らない人でもスピッツに興味がもてるはずです。

 

 

rsp4690.hatenablog.com

 

 

ブラバンキッズ・ラプソディー―野庭高校吹奏楽部と中澤忠雄の挑戦

ブラバンキッズ・ラプソディー―野庭高校吹奏楽部と中澤忠雄の挑戦

 

 

ドラマ「仰げば尊し」の原案となった本です。

 

 

野庭(のば)高校吹奏楽部が大切にしている「音楽は心」という考え方は、僕が高校の吹奏楽部で顧問の先生に教わったこととかぶるところがあります。読んでいて懐かしい気持ちになりました。

 

 

rsp4690.hatenablog.com

 

 

 

人前で話すのがラクになる!5つの魔法

人前で話すのがラクになる!5つの魔法

 

 

よくある人前であがらないための「方法」について書かれている本ではありません。

 

使う言葉や態度、行動を変えることで、潜在意識レベルから自分をコントロールしていく心のあり方についての本でした。

 

あがり症だけでなく、あらゆることの応用できるので、自分を変えたいと思っている人にはおすすめです。

 

 

まとめ

 

 ブログを書き始めてからはあまり本が読めていません。

うまく時間を使って本を読めるようにしていきます。

 

今日も読んでいただきありがとうございました(^ ^)