満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

酪農の裏側と命の重さを知れるマンガ「銀の匙」が心に刺さる


f:id:rsp4690:20161228212222j:image

北海道の農業高校を舞台にしたマンガです。

作者の荒川さんの実家が酪農を営んでいるため、リアルな農業が描かれています。

 

僕は動物関係の専門学校に通っていたとき、酪農家の方のところで一週間ほど研修したこともあるので、共感できるところが多かったです。

 

 

酪農家の現状

 

 

駒場牧場、離農(りのう)するって。

借金が返せなくなったの。倒産ってやつね。

 

(第6巻より)

 

 

動物は自分で食べるものを用意したり、体調が悪くても訴えることもできません。

かならず誰かが世話をしなければならず、年中無休です。

 

交代で休みをとりますがそれも週に一回あればいいほうです。

 

台風が来ようが大雪が降ろうが、仕事があります。

 

動物業界は労働時間が多いですが、それに対して収入は十分とはいえません。

 

動物園に就職した人でも、少しでも給料を多くもらうために正社員にならず契約社員のままでいる人もいます。

 

牧場もほとんどが経営が厳しい状態です。借金があるところも多く、離農はどこにでもありうる話です。

今後TPPによってはさらに厳しくなることが予想されます。

 

最近介護職や保育士の待遇改善の動きが出ていますが、動物業界の労働条件もかなり厳しいです。

 

 

経済動物は成績が全て

 

 

競馬にかぎらず、家畜の世界は努力なんて意味ないの。

成績が全てだから。

 

 

 

おまえこの前、稲田先輩のスモークチキン食ったべ?あれ、産卵成績が悪いから淘汰された鶏だぞ。

今、鶏舎にいる奴らだってそうだ。どんなに頑張ろうが、ちょっと産卵成績が下がったら群れごと淘汰されて若い鶏と総入れ替えされるんだ。

 

(第1巻より)

 

 

酪農家にとって家畜は商品です。望むような成績を出せないと価値がなくなり、処分されます。

 

僕が研修に行ったのは乳牛の酪農家さんのところでした。その方の話だと、最初のころは処分されるのを「かわいそう」と思っていますが、だんだん「もったいない」という気持ちに変わっていくそうです。

 

もちろん動物に対して思いやりのある方でしたが、それでも次第に家畜として割りきっていくようです。

 

また、処分するため運ばれていく時、動物もなんとなく自分の最後が分かるのか、涙を流していくこともあるようです。

 

 

殺して食べるのは仕方ないことなのか?

 

 

これ(ベーコン)は3ヶ月前まであいつと同じ子豚だったもの。

あいつもいずれハムやベーコンになる。その時が来たらおまえは食えるか?

 

(第2巻より)

 

 

僕たちは当たり前のように肉や魚を食べています。

もともとは生きていた動物であり、それを食べて生きるために殺しているわけです。

これを僕たちは「仕方ないこと」と考えています。

 

しかし動物からするとどうでしょう?

 

食べられる動物は、人が生きるためなんてことを受け入れられるわけがありません。人間だけでなく、どの生き物も死にたくありませんし、生きようとしています。

 

 

おいしく頂くのが供養になるとかそういうのは人間のエゴだろ!

俺が豚丼(豚につけた名前)だったらきれいに食われようが汚く食い散らかされようがとにかく嫌だね!怨みまくるね! 

 

(第4巻より)

 

 

それなのに人は、食べるためという身勝手な理由で動物を殺しています。

 

「生きるために仕方ないこと」と正当化していますが、仕方ないからといって「殺していい」わけではありません。

 

仏教では生き物を殺すことは殺生罪(せっしょうざい)という罪として考えられています。どんな理由があっても生き物を殺すことは罪なことです。

 

また、すべての生き物は平等であると考えられているので、動物を殺すのも人を殺すのも罪の重さは同じです。

 

主人公の八軒勇吾(はちけんゆうご)は、食べるために動物を殺すということに苦悩し、自分なりの答えを見つけようとします。

 

まとめ

 

僕は動物と関係のない仕事に就きましたが、研修で聞いた話は忘れられそうにありません。

 

食べるために殺しておいて、食べ物を粗末にするのは一番してはいけないことだと思います。

 

人間のエゴでしかありませんが、大切に食べていかないといけないと思いました。

 

今日も読んでいただきありがとうございました(^ ^)

 

 

 

 

銀の匙 Silver Spoon(1) (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon(1) (少年サンデーコミックス)