満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

大人になってから観る「クレヨンしんちゃん」が奥深い!

f:id:rsp4690:20161204220258j:plain

Amazonのプライム会員が使える、動画見放題サービスの「プライムビデオ」を最近利用し始めました。プライム会員であれば無料です。

 

プライムビデオでAmazonオリジナルのクレヨンしんちゃん外伝 おもちゃウォーズ」というのを観られるんですが、仏教で教えられていることに結びつく深いものでした。

 

そこで今回は、クレヨンしんちゃんの内容からみる「人間の欲」について書きます。

 

 

常に欲を満たすことを考えている 

 

アクション仮面ゴールドをねだるも「おもちゃならたくさん持ってるでしょ」と言われ)

 

「母ちゃんだって、効きもしないダイエットグッズ、いっぱい持ってるゾ!妖怪ケチケチオババ~!!」

 

人間には必ずがあります。欲には食欲、財欲などがあり、常にその欲を満たすことを考えて生きています。

 

おもちゃを欲しがるのも、ダイエット器具でやせようと思うのも、欲からきている感情です。

 

物語の中でしんちゃんやかすかべ防衛隊の友達も、今もっているおもちゃだけでは満足することができず、新しいおもちゃを欲しがっているシーンがあります。

 

大人も子供も同じように欲をもって生きています。

大人は地位やお金、子供はおもちゃなどであり、求めるものが違うだけです。

 

 

新しいおもちゃしか見えなくなる

 

 

「それもう古いし~、もう飽きたし~」

 

 

物語の中でしんちゃんたちは「ちんだらけ」という、おもちゃが何でも手に入る場所で自分の欲しかったおもちゃを手に入れます。 

 

すると新しいおもちゃで夢中に遊ぶようになり、それまで遊んでいたおもちゃには一切目もくれなくなります。

新しいおもちゃを手に入れるまでは、今までもっていたおもちゃで毎日のように遊んでいたにもかかわらずです。

 

人間の欲は決して満たされることがありません。しんちゃんたちは新しいおもちゃを手に入れて喜んでいますが、そのおもちゃにもいずれ飽きて、また別のおもちゃを欲しがるでしょう。

 

人は常に欲を満たすことを考えていますが、その欲は死ぬ瞬間までなくなることなく続きます。死ぬまで欲によって苦しめられます。

 

 

欲は必要なもの

 

仏教というと、このような欲をもっていることに対して否定的で、欲をなくそうとするものと考えている人がいます。

 

仏教では人間の欲を否定しません。なぜなら欲は、仏教で教えられているお金などのものを得た幸せとは違う「本当の幸せ」になるために必要なものだからです。

 

欲は「本当の幸せ」になれてもなくなることはありません。しかし「本当の幸せ」になると、それまでの欲による苦しみが喜びに変わります。

 

といっても、これを「そうなんだ」と簡単には受け入れられないと思います。

 

僕だって苦しみが喜びに変わったわけではないので、本当かどうかはまだ分かりません。

 

ただ、仏教で教えられていることをやっていけば今より幸せになれる、それは間違いないです。

 

少しでも興味をもったらぜひ学んでいただきたいです。

 

 

 

まとめ

 

大人になってから観ると、「クレヨンしんちゃん」はこんなに違う見方ができるんだと驚きました。

 

子供のころは分かりませんでしたが、しんちゃんの自己肯定感はすごいです。

 

くだらないアニメだと思ってましたが、全然違いました 笑

 

アニメは92年から始まっていて、もう24年続いています。その理由は、大人になってから分かる深さが関係しているのかもしれません。

 

今日も読んでいただきありがとうございました(^ ^)