満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

あなたが「すみません」ばかり言う理由

f:id:rsp4690:20161203171017j:plain

何かあったらすぐに「すみません」って言っていませんか?

 

謝らなくてもいいようなときでも口癖のように「すみません」を連発。

本人は気づいていないことが多いようです。

 

富山の心理カウンセラーの方のブログに書かれていたことですが、こんな人にはあるセルフイメージが隠れているようです。

 

 

「すみません」ばかり言うのは?

 

謝らなくてもいいときでも「すみません」という人。

こういう人は「自分は大切にされない」というセルフイメージを持っています。

 

これを変えるには「すみません」を「ありがとう」に変えていくことが大切です。

 

親切にしてもらったら「すみません」ではなく「ありがとう」と言うようにします。

 

このように「ありがとう」に変えれる場面はたくさんあります。

 

 

「自分は大切にされる」

 

このことをブログで読んで、僕は最近の自分についあることに気づきました。

 

最近僕は「ありがとう」ってよく言っています。すぐありがとうって言っていて、嘘くさく感じられてるんじゃないかと心配になるくらいです。

 

以前は僕も「すみません」って言うのが口癖になっていたので、自分は大切にされないと思っていたんだと思います。

 

ありがとうが口癖のようになっているということは、僕のセルフイメージが「自分は大切にされる」に変わってきたということだと思います。

 


  

この記事の最後に書いた「自分は愛される」ということがだんだん実感できているようです。

 

  

ありがとうを言うようになって、職場でも変化がありました。

 

職場にかなり苦手な上司がいて、その人は顔を見るのも嫌なくらいでした。

仕事で何か助けてもらったときに「ありがとうございます」って言うのも嫌々言ってました。

 

しかし「ありがとう」とよく言うようになってからは、「ありがとうございます」ということに抵抗がなくなって自然と言えるようになりました。

 

すると顔を見るのも嫌だった上司のことがたいして気にならなくなりました。

「ありがとう」を言うようにすると、人の見方も変わってくるようです。

 

 

まとめ

 

些細なことですが、自分は前に進めていることが感じられました。

 

聞いた話だと脳は主語が理解できないので、人に対して言ったことも自分が言われたことと認識するようです。

 

つまり「ありがとう」と感謝を口にすれば、脳は自分が言われたと感じます。

言葉を変えるだけでも自分に変化がやってきます。

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました(^ ^)