満喫ぶろぐ

2つの吹奏楽団でTubaを演奏する楽器歴10年目。富山県在住。スピッツはたぶん一生好き。小心者でビビリながらも興味のあることはいろいろやってみるタイプ。

吹奏楽部に入ったのは?

せっかくブログをやるからにはたくさんの人に読んでもらえるようにしたい。

ただ書くだけだったら自分しか見ない日記と一緒です。

 

どうすれば読んでもらえるのか?

それを模索しながら書いていきますが

 

どういう人が書いているのかが分からないと

興味をもちにくいんじゃないかと思います。

 

ということで僕自身について書いてみます。

 

 

僕は中学高校で吹奏楽に入っていました。

 

社会人になった今でも一般の吹奏楽団2つで

楽器を続けています。

 

 

高校卒業後、2年ほど吹いていない時期を除くと

 

9年ほど楽器を吹いていることになります。

 

 

今回は僕と吹奏楽についてをテーマにします。

 

 

 

 

 

 

 

誘われていった仮入部で「吹奏楽部」へ

 

仮入部ってありましたよね?

部活を決める前に活動を体験させてもらえるアレです。

 

とくに入りたい部活がなかった僕に友達(男)が

 

「一回来てみるだけでもいいから!」

確かそんな感じのことを言って、吹奏楽部に誘いました。

 

 

どうせいきたい部活もないしいいか、と思い

 

一緒に吹奏楽部の練習している音楽室に行きました。

 

 

・・・といっても。

 

吹奏楽のことなんて何も知らず、

楽器のことも何も分かりません。

 

かろうじてクラリネットとトランペットという名前だけは分かりましたが

 

どれがクラリネットでどれがトランペットなのか

 

それすら分かっていませんでした。

 

 

吹いてみたい楽器もなく

(そもそも楽器が吹きたいとも思っていない)

しばらく立ち往生していたら

 

先輩に声をかけられ、

吹いてみたのが「Tuba(チューバ)」という楽器でした。

 

f:id:rsp4690:20161101205355j:plain

 こんな感じの楽器です。

ちなみにこれは僕が今吹いている楽器です。

 

写真のTubaは銀メッキですが

仮入部で吹いたのは金メッキの楽器でした。

 

 言われるがままに吹いてみたものの

まったく音が出なかった。。。

興味もなかったのに少し泣きそうでした。

 

 

音が出なかったのが嫌で後日もう一度仮入部に参加し、

なんとか音を出すことができました。

 

 

音が出せるようになると面白く感じてきたので

吹奏楽部に入ることにしました。

 

 

 

入部するとまずは担当する楽器決めです。

 

僕が中学生になるまえには

映画「スウィガールズ」がヒットしていて

その影響もあり、新入部員は多めでした。

 

僕の他の部員の楽器の希望はクラリネット、トランペット、フルートなどの

花形の楽器に集中していました。

 

 

しかし僕はこれといってやりたい楽器がなかったので

 

「仮入部のときに吹いたあの楽器でいいや」

 

と適当な感じでTubaを希望しました。

 

 

前述したクラリネット、トランペット、フルートのように

希望する人が多いと他の楽器に割り振られ、

希望と違う楽器をすることになる場合が多いですが

 

Tubaは正直そんなに人気はありません。

 

そういうことは当時知りませんが

 

仮入部のときTubaを吹いていたのが僕だけだったので

人気がないんだろうな、となんとなく感じていました。

 

だからこのまま決まるだろうな、と予想していましたが

その予想通り、僕の担当はTubaに決まりました。

 

 

こうして僕は吹奏楽を始めました。

 

(今日はここで中断します。)