エンタ Shower満喫 ラボ

富山の吹奏楽団に所属するTuba吹き。音楽を演奏するのも聴くのも好きな「no music no life」な人間。スピッツファン歴は12年。小心者でビビリながらも興味のあることは何でもやってみるタイプ。

富山の名店の味を引き継ぐ「らーめん大翔」の醤油ラーメンに舌鼓

f:id:rsp4690:20180515185247j:image
富山市古沢に2017年12月にオープンした「らーめん大翔」

富山の人気ラーメン店「五衛門」で修行して独立した方が経営するお店です。

 

五衛門のラーメンは好きですし、おいしいという噂を聞いたので楽しみに来店しました!

 

ファミリーパーク近くの「大翔」に到着!

 


f:id:rsp4690:20180515181302j:image

 

大翔は富山市古沢にある店で、「番やの寿司」のすぐ隣にあります。

ファミリーパークの近くといったほうがイメージしやすいかもしれません。

 

富山方面から来た場合は古沢(東) の交差点を右折して進んでいくと、店の裏に行ける細い道に入ることができます。

そこから出て帰る人もいるので、通るときは注意しましょう。

 

「らーめん大翔」のメニュー

ラーメン店はだいたい醤油、塩、味噌といったいくつかの味があるものですが大翔は違います。


f:id:rsp4690:20180515181924j:image

 

ラーメンはこの5種類のみで全て醤油味。

つまり醤油ラーメンのみで勝負しているんです。

 

おおー、やるな!男気を感じる

 

ラーメン以外にもチャーハンやライス、ちゃーしゅー丼もあってセットで頼むこともできます。


f:id:rsp4690:20180515182318j:image

 

ぼくはちゃーしゅー丼が気になったので「らーめん・ちゃーしゅー丼」のセットを注文しました!

 

ラーメンとちゃーしゅー丼を実食!

先に運ばれてきたのはちゃーしゅー丼でした。


f:id:rsp4690:20180515182708j:image

 

チャーシューにはタレがかかっていますが、味はそれほど濃くなく食べやすい味付け。

しかもチャーシューがトロトロでご飯やネギ、海苔とのバランスもよくてどんどん箸が進みます。

 

そしてラーメン。

トッピングは一切つけずに注文しました。


f:id:rsp4690:20180515183134j:image

 

スープを一口飲んでちゃんと五衛門の味を引き継いでいるんだなと感じました。

五衛門と同じように醤油のコクがあり、ほどよい濃さで飲み干したくなってきます←

 
f:id:rsp4690:20180515183556j:image

麺は中太のストレート麺。

昔ながらのラーメンを思わせますし、食べごたえも十分でした。


f:id:rsp4690:20180515184022j:image

 

やや濃いめとはいっても全体的にはあっさりしたラーメンなので、このラーメンだけでは物足りなさを感じる人も多いかもしれません。

今回ぼくが食べたちゃーしゅー丼などのセットメニューを頼むか、トッピングをつけて食べるのがおすすめです。

 

トッピングできるのは以下のもの。

  • 味たま
  • 海苔
  • ネギ
  • しなちく
  • もやし
  • たまねぎ
  • せあぶら
  • チャーシュー

 

ねぎが150円、せあぶらが50円、チャーシューが200円で他のものは100円です。

 

他のお客さんの感想

 

 

 

「らーめん大翔」まとめ

ぼくはあっさり系のラーメンが好きなので、新しくこのお店ができてうれしく思ってます。

今は醤油ラーメンだけですが、やはり塩や味噌といった他の味も食べたいところ。

将来的には醤油以外も出してほしいです。

 

富山の名店の味を引き継いだ「大翔」のラーメン、ぜひ食べてみてはいかがでしょうか?

 

営業時間

火~土曜 

  • 11:00~14:30(ラストオーダー14:00)
  • 17:30~23:30(ラストオーダー23:00)

日・祝日

  • 11:00~14:30(ラストオーダー14:00)
  • 17:30~21:30(ラストオーダー21:00)

 

定休日

月曜日

(月曜が祝日の場合は営業し、その翌日が定休日)

 

地図

 

醤油の旨味がたまらない富山市「五衛門」のラーメンを堪能

ラーメンといえば醤油ラーメンですね。

うまいラーメン屋は必ず醤油ラーメンがうまいです。

 

今回は富山市の「五衛門」のラーメンを食べてきました。

昼時には行列ができる富山の醤油ラーメンの名店です。
 

 

「五衛門」に到着!

五衛門は富山市安養寺にあります。

ぼくはカーナビアプリを使って行ったので迷いませんでしたが、ちょっと分かりにくい場所にあるので、カーナビや地図アプリを使っていったほうがいいです。


f:id:rsp4690:20180404182345j:image

 

ぼくが来たのは13:30くらいでしたが、前に5人ほど並んでいて少し待ちました。

店に入ってすぐのところに名前を書く紙があってその順に呼ばれます。

 
f:id:rsp4690:20180404184456j:image

店内はこんな感じ。

注文して待っている間に席が空きはじめました。

 

「五衛門」のメニュー

五衛門には味噌と塩もありますが、醤油ラーメンを売りにしています。


f:id:rsp4690:20180404183038j:image

 

 サイドメニュー。
f:id:rsp4690:20180404183117j:image

トッピングはすべて100円で出来ます。
f:id:rsp4690:20180404183132j:image

 

ぼくは「黒豚ちゃーしゅーめん」が気になって仕方ありませんでした。

しかも数量限定!

ぼくは限定という言葉にとても弱いです←

 

数量限定なので店員さんに確認したらまだ大丈夫だったので、昼に行くならそこまで慌てなくても食べられそうです。

 

メニュー写真は半熟煮玉子をトッピングしたものだったので、同じものにしようと煮玉子をトッピングしました( ・ω・)ノ

 

「黒豚ちゃーしゅーめん」を実食!

 
f:id:rsp4690:20180404184657j:image

 待つこと5分ほどでラーメンがきました。

 


f:id:rsp4690:20180404185229j:image

 

まずスープ。

黒醤油というだけあって濃いめなんですが食べやすい濃さで食欲を駆り立てられます。

富山ブラックに分類されているみたいですが、ぼくとしては濃いめの醤油ラーメンという印象です。

 

そしてちゃんと醤油の味がします。

「醤油ラーメンなんだから当たり前だろ」って思われそうですが、醤油の旨味があるというか…

本当に醤油で作ったスープだと感じられます。

 


f:id:rsp4690:20180404185555j:image

 

麺は中太のストレート。

やや固めの麺で小麦の味がします。

 


f:id:rsp4690:20180404190052j:image

 

チャーシューは薄味でトロトロです。

薄味だから濃いスープとも合っていてパクパク食べちゃいます。

チャーシュー麺にチャーシューをトッピングしたいくらいです 笑

 

 

富山ブラックに分類されてるだけあって濃いめではありますが、醤油のいい旨味が出ていてあっという間に食べてしまいます。

醤油ラーメンが好きなら必ず満足できるでしょう!

ぜひ食べてみてはいかがでしょうか?

 

「五衛門」の詳細

 営業時間

平日 11:00~15:30

   17:30~22:00

土曜 11:00~22:00

日・祝 11:00~21:00

 

定休日

無休(年始のみ休業)

 

地図

隠れた名店!富山市「蔵王桃花」のラーメンはもっと評価されるべき一品

こんにちは、リュウです。

 

おいしいお店は食べログで高評価になったり雑誌で取り上げられたりするものです。

そんなお店でも食べに行ってみると「そんなにうまいか?」と首をかしげたことが一度はあるんじゃないでしょうか?

 

そして逆に雑誌に載らないおいしいお店もあります。

今回紹介するのはそんなお店です。

 

ぼくは富山のラーメンをいくつも食べてきましたが、もっと評価されていいと思うんですよね。

 

富士薬品近くの「蔵王桃花」に到着

「蔵王桃花」は婦中町板倉にあります。

一番分かりやすい目印は富士薬品でしょうか?

隣には天丼のお店があります。

 

店内はカウンター席とテーブル席に分かれています。


f:id:rsp4690:20180326183954j:image

 

お客さんの年齢層はやや高めの印象ですが、家族連れなど幅広い年齢のお客さんが来ています。

13時30分ごろに行ったんですがカウンター席は埋まっていて、ぼくは奥の二人用のテーブル席に座りました。

 

息子さんが来て味が激変!親子経営のラーメン店

ぼくはこの店を友達に聞いて知りました。

その友達いわく、正直昔はまずかったのだそう←

 

しかし店主の息子さんがどこかに修行に行ったあとお店に入って、それからおいしくなりました。

つまり蔵王のラーメンは親子で作りあげたラーメンということです。

 

メニューはこちら。


f:id:rsp4690:20180326194019j:image


f:id:rsp4690:20180326194022j:image

 

蔵王がオススメしているのは野菜味噌なんですが、ぼくは醤油ラーメンが好きです。

今回は醤油ラーメンを紹介します。

 

蔵王のラーメンの味は…?

味玉ランチサービスセットっていうのを頼むとサイドメニューと一緒にお得に食べられます。

ぼくは醤油ラーメンと天津丼のセットにしました。

 

醤油ラーメン。

f:id:rsp4690:20180326194533j:image

 

天津丼。

f:id:rsp4690:20180326194556j:image

 

まずはラーメンから!

蔵王では国産小麦から作った自家製麺を使っています。

やわらかめのモチモチした麺で、うまく言えませんが「麺を食べてるな~」って感じがします。

 

ぼくは麺硬めが好きなんですが、おいしく食べれました。

麺の味は富山のラーメン店の中でも上位レベルです。


f:id:rsp4690:20180326200127j:image

 

スープは煮干しベース。

懐かしい味がします。


f:id:rsp4690:20180326201201j:image

懐かしい味というと甘めのスープを想像するかもしれませんが、あっさりした中にも醤油の濃い味が主張してきます。

富山のラーメンでいえば、まるたかやのしょっぱさを少し抑えた感じかな?

 

とにかくよけいな味がなく無駄がありません。

油っぽさもないのでスープをゴクゴク飲んでしまいます 笑

ラーメンは濃いスープのものが多いですが、あれこれ足さなくても十分な味が作れるってことですね( ・ω・)ノ

 

そして天津丼。

中の白米は八尾産のコシヒカリを使っています。
f:id:rsp4690:20180326201129j:image

 

タレはご飯と玉子の素材の味を壊さずそれでいて薄くない絶妙な味加減です。

中に焼豚も入っているんですが、全体的に薄めの味なんでいいアクセントになっています。

 

まとめ

あっさりした味わいのラーメンなので、濃いラーメンが好きな人には物足りないかもしれません。

ですがあっさり系を求めてる人には満足してもらえるはずです。

 

濃いラーメンばっかりで嫌になったら蔵王のあっさりしつつもコクのあるラーメンを食べてみてはいかがでしょうか?

 

東京ラーメンショーでV5!富山市「麺屋いろは 本店」の富山ブラックに酔いしれる

年に一度行われる東京ラーメンショー。

日本最大のラーメンのイベントで、ラーメン好きなら誰もが行ってみたい夢のようなイベントです。

 

ぼくもラーメン好きですが、別にこのイベントには行く必用がありません。

なぜならぼくの住む富山県には東京ラーメンショーで5回優勝した絶対王者的ラーメンがあるからです。

富山に生まれてよかったー!\(^o^)/

 

富山+ラーメンといったらもう分かる人もいるかもしれません。

今回紹介するのはそのお店です。

 

東京ラーメンショーで5輝いた優勝!麺屋いろは (本店)

f:id:rsp4690:20180318183637j:image

「麺屋いろは」の本店にやって来ました。

富山駅近くや空港にも店があるので、県外から来る人はそっちのほうが食べる機会が多いかと思います。

ですが駐車場に停まっている車には県外ナンバーもかなりあります。

 

ぼくは12時ころに行きましたが、すでに店はカウンター数席を除いて埋まっていました。

もし何人かで食べに行くなら早めに行かないと待つことになります。

 

駐車場はあるんですが、ちょっと狭いので混んでいると止めにくいです。

すぐ近くの「小杉文化ホール ラポール」に停めても少し歩くだけなので、ここに停めるのもひとつの手です。

 

麺屋いろはのメニュー

いろはで最も有名なのは「富山ブラックラーメン」


f:id:rsp4690:20180318184555j:image

 

いろはが発祥ではないのですが、富山ブラックが知られるようになったのはラーメンショーで優勝したことがきっかけです。

 

本物の富山ブラックはご飯がないとまともに食べれないほどしょっぱく、富山でも評価が分かれますf(^_^;

ぼくは好きですけどね。

 

いろはは濃いめですがご飯なしで食べれるので安心してください 笑

 

もちろん富山ブラック以外のラーメンもあります。


f:id:rsp4690:20180318185706j:image

 

 サイドメニューとドリンクも充実。


f:id:rsp4690:20180318193748j:image

 
f:id:rsp4690:20180318193854j:image

 

富山ブラックW肉盛りそば

今回は富山ブラックW肉盛りそばを注文しました。

こちらです。


f:id:rsp4690:20180318194021j:image

メニューの写真ほど肉の迫力がない。。。

まあ、そんなもんですよね!笑

 

 

富山ブラックの多くは鶏や豚のスープですが、いろはのスープは魚介系です。

濃い醤油スープではありますが、魚介系のさっぱりした味わいもあってしつこくありません。

 
f:id:rsp4690:20180318204829j:image

 

麺は細め。

ツルっとした食感で行列系のスープに合います。


f:id:rsp4690:20180318194546j:image

 

チャーシューは豚バラと肩ロースが使われていて二つの味が楽しめます。

どちらもトロトロ。

チャーシューはこうでなきゃ!

 
f:id:rsp4690:20180318200848j:image

 

濃いラーメンでチャーシューもたくさんあると食べたあと気持ち悪くなりがちですが、いろはのラーメンは特になんともありませんでした。

 

全国的に評価されたラーメンが富山で食べられるのは本当にラッキーです。

県外の方も富山に来た際はぜひ、いろはの富山ブラックを食べてみてはいかがでしょうか?

 

麺屋いろはの概要

営業時間

月~金

11:30~15:00(ラストオーダー14:30)

17:30~22:00(ラストオーダー21:30)

土・日・祝

11:00~22:00(ラストオーダー21:30)

 

定休日

年中無休

 

地図

 

富山市「らぁめん龍之介」が10周年。味噌ラーメンを食べて2000円分の割引券をもらってきた

富山市山室にある「らぁめん 龍之介」

このたび10周年記念として、お店で人気の味噌ラーメンを食べると2000円分の割引券をもらえるという情報を得ました。

 

行ったことないしもらえるんならもらっておこう!

というわけで食べに行ったのでレビューします( ・ω・)ノ

 

「らぁめん龍之介」は10周年

龍之介はグリーンモール山室から直進で進んだ先にあります。

少し進むとこの看板が見えてきます。


f:id:rsp4690:20180310194646j:image

 

お店の入り口。

看板もそうでしたが、10周年を祝った花がつけられています。

 
f:id:rsp4690:20180310194827j:image

 

入り口近くにとんこつラーメンがでかでかと宣伝されてますが、割引券がもらえるのは味噌ラーメン。

あれ、味噌がおすすめなわけじゃないの?

 

12時30分くらいに行きましたが、店内には余裕がありました。

割引券もらえるし、てっきりもっと居るものかと(^^;

 

らぁめん龍之介のメニュー

一押しとされているのは味噌ラーメン。

割引券がもらえるのはこのラーメンです。


f:id:rsp4690:20180310195146j:image

 

他のメニューはこちら。

チャーシュー麺が見当たらないなと何度もメニューを見返していましたが、この店では「ごちそう盛り」というのがあって、その中の肉盛りがチャーシュー麺にあたるようです。


f:id:rsp4690:20180310195259j:image

 餃子やビールもあります。


f:id:rsp4690:20180310195330j:image

 

肉盛りにしようか迷いましたが、今回はなにもつけずに蔵出し極上味噌ラーメンを注文。

麺の固さが選べるので、固めにしました。

 

蔵出し極上味噌ラーメンの味は?

待つこと5分くらいで来ました。


f:id:rsp4690:20180310195952j:image

 

スープはとても味噌ラーメンらしい味わい。

飲みやすいスープです。


f:id:rsp4690:20180310200131j:image
 

麺はツルっとした食感があります。

麺固めでしたが、これで普通の麺の固さに感じます。

食べるなら麺は固めにしたほうがよさそうです。

f:id:rsp4690:20180310203924j:image

 

レジで回数券を受け取り

蔵出し極上味噌ラーメンを食べたので、回数券をもらえました。

 
f:id:rsp4690:20180310201821j:image

 

お子さまラーメンは食べないし、車で来るから飲むこともできないのでぼくの場合は実質1190円の割引券です。

半額ほどになってしまった(^^;

 

まとめ

お店のことを調べてみると、とんこつラーメンのほうが評判の印象。

割引券もあるし次はとんこつラーメンを食べてみるのがよさそうです。

 

ちなみに割引券がもらえるのは3月11日までです!

 

 

富山市「元喜家」の家系ラーメンが優しくもパンチのある一品

f:id:rsp4690:20180209182328j:image
富山県のラーメンは幅広く、全国のいろんなラーメンが食べられます。

 

今回紹介する「元喜家」は横浜家系ラーメンが味わえるお店です。

 

ぼくは濃いラーメンがあまり好きじゃないので豚骨醤油は避けていましたが、「元喜家」は優しい味でありながらもパンチのあるラーメンでした。

 

「元喜家」富山店に到着!

f:id:rsp4690:20180209180932j:image

元喜家は富山と高岡に店がありますが、今回やってきたのは富山店。

172号線沿いにあって、下奥井駅とアパホテルの近くです。

 

ぼくは豊田側から運転してきたのですが、見逃して通りすぎてしまいました(^^;

写真の看板と反対側なので、豊田側からだと分かりにくいかも?

 

店内は木を基調としたデザインで落ち着いた雰囲気。

座席はすべてカウンター席です。

 

注文は食券を使います。

豚骨醤油だけでなくみそラーメンもあります。


f:id:rsp4690:20180209181503j:image

 

新しく塩ラーメンもはじめたようです。


f:id:rsp4690:20180209181611j:image

 

チャーシュー麺(並)味玉トッピングを注文

食券を渡すと「ラーメンのお好みありますか?」と店員さんに聞かれます。

 

よく分からなくて「ないです」と答えましたが、麺の固さとか味の濃さのことですね。

麺は固めのほうが好きなんで失敗でした(>_<)

 

 

待つこと5分ほどでラーメンが来ました。


f:id:rsp4690:20180209182317j:image

あれ?チャーシュー麺なのに1枚だけ?

いえいえ、チャーシューは別の皿でした。


f:id:rsp4690:20180209182630j:image

なぜ別の皿?

理由は分からずじまいです。


f:id:rsp4690:20180209182752j:image

 

箸でとったら半分くらいちぎれちゃうほど柔らかいチャーシュー。

ラーメンに入ってるのより味は濃いめです。

 

ラーメンを実食!

まずはスープを一口。

 
f:id:rsp4690:20180209182451j:image

 

おお、意外とあっさりしてる。

豚骨醤油好きな人には物足りないかもしれませんが、ぼくはあっさり系のラーメンのほうが好きなのでこのくらいがいいです。

 

麺は中太麺。

スープもちゃんとからんできます。

これはラーメンライスにすると旨いやつだ。


f:id:rsp4690:20180209183502j:image

 

味玉は可もなく不可もなく、でした。

付けたい人は付けましょう←


f:id:rsp4690:20180209184254j:image

 

まとめ

豚骨醤油は食べると気持ち悪くなることが多いんですが、元喜家は大丈夫でした。

 

好みが分かれるかもしれませんが、豚骨醤油なのにあっさりして食べやすいラーメンです!

あなたもぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか?

 

元喜家の詳細

住所

富山県富山市四ツ葉町6-18

 

営業時間

11:00~21:00

日曜営業

 

定休日

不定

 

駐車場

有り

 

地図

 

今までにない味!富山市「煮干専門 勝屋」のカレー煮干中華そばをすする

こんにちは、週に一度はラーメンを食べているリュウです!

 

富山にはいくつか無添加・無科調のラーメン屋があり、その代表的なものが富山駅前の「ラーメン一心」です。

そんなラーメン一心には姉妹店があります。

 

それが今回紹介する「煮干専門 勝屋(しょうや)」

ここでは他の店では食べられない一味違うラーメンが出されています。

はたしてどんなラーメンなのか?

この記事を読めばその正体が分かります!

 

国道41号線近くで経営

勝屋は国道41号線「五本榎」交差点を右に曲がった先にあります。

曲がるところさえ間違えなければすぐたどりつけますが、住宅街の中なので正直分かりにくいです。

 

駐車場はありますが、9台しかとめられないのでご飯時だと満車の可能性が高いです。

その場合は近くの北陸銀行の駐車場にとめて歩くのがいいです。

 

勝屋のメニュー

メニューはこちら。

姉妹店である一心と同じように煮干出しの煮卵ラーメンを出しています。
f:id:rsp4690:20180104191028j:image
  

今回紹介したいのは「カレー煮干中華そば」です!

勝屋では今このラーメンが人気となっています。

 

カレーうどんとはまったく違う新しい味。いったいどんなものでしょうか?

 

カレー煮干中華そばを実食!

出てくるまでには時間がかかりました。10~15分ほどでしょうか?

20180104191224

丸い器っていうのがおしゃれです。

カレーの風味が香ばしく、見た目からも期待が高まります。

 20180104191307

まずはスープ。

 

今までに他の店でカレーラーメンはいくつか食べたことがあるんですが、そのどれとも違う味です。

カレーの味がしつつもこのお店の特徴である煮干だしの味わいがちゃんと感じられます。

 

つまりカレーの中に煮干しの味わいが残っているんです。

確かに新しい味でこの完成度は見事です。

辛さはピリ辛くらいです。

 20180104191335

麺は細めのちぢれ麺。

ぷるっとしていて歯ごたえもいいです。

麺がいまいちな店が多いですが、ここは麺の味も十分です。

 

まとめ

カレーのコクがあるラーメンをイメージしていましたが、いい意味で期待を裏切られました。

ただちょっと量は少ないので、たくさん食べる人は大盛りにするかサイドメニューを頼んだほうがいいです。

 

勝屋は何回か来ていましたが、今回新しくおいしいメニューを見つけました。

他のラーメンも食べにまた行きたいです!

 

勝屋の詳細

営業時間

  • 11:00~14:00(土日 11:00~15:00)
  • 18:00~20:30(現在夜の営業は休止中)

 

定休日

火曜日、第4月曜日

 

地図